マクロビオティックとヨガ

こんにちは。
キッズヨガマタニティヨガ産後ヨガインストラクター養成コースを担当している片岡まりこ(カタオカマリコ)です。

秋真っ盛り、運動会も終わりましたね。
秋といえば、読書の秋、運動の秋、食欲の秋。三つの秋をバランス良く楽しんでますか?
運動の秋といえば、行楽を楽しむのも一つ。 ハイキングはもちろんの事、各地全国に広がりつつある、外ヨガイベントで季節のいい時期にヨガを楽しむ事にも良い時期ですね。
ただ、今年は台風や雨が多く、秋らしい時間を感じる事が少ないですね。 秋は湿気が少なくさわやかに過ごせられるのですが、今年は湿気の多い日が多い為、夏の疲れが抜けにくく、 低気圧の影響でアレルギー、風邪など免疫低下による症状に戸惑う方も多いかもしれません。
秋「金」のエネルギーをとりいれつつ、晩夏の「土」のエネルギーを取り入れながら、安定のパワーを入れていきましょう。


11/23(水/祝)片岡まりこ先生による「明日から使えるマクロビ講座」開催します♪
【↑↑↑オススメ↑↑↑】11/23(水/祝)片岡まりこ先生による「明日から使えるマクロビ講座」開催します♪


第17回目:秋のアンチエイジングは、めんどくさい心からの卒業式(9/10更新)(9/10更新)
第16回目:夏こそ冷え対策&腎系のケアー(8/10更新)
第15回目:疲労回復に重点を置きましょう!(7/10更新)
第14回目:梅雨時期に注目!梅干しの効能&梅を取り入れたマクロビ料理(6/10更新)
第13回目:身近な常備薬!ごま塩の効能とアレンジ方法(5/10更新)
第12回目:春.そのB 春をうまく利用して、さわやかな1年を手に入れよう!(4/10更新)
第11回目:春.そのA 肝のエネルギー「怒り」を見直し、ストレスフリーに!(3/10更新)
第10回目:その@ 花粉症、アレルギーとうまくお付き合いする方法(2/10更新)
第9回目:マクロビ式九星気学からみる来年の運気!(1/10更新)
第8回目:家も体も大掃除して良い年越しを(12/10更新)
第7回目:そろそろ心と体も冬支度準備(11/10更新)
第6回目:早寝早起き無限のお得(10/10更新)
第5回目:季節の変わり目リセットヨーガ&食べるお手当(9/10更新)
第4回目:丸い野菜で心も丸く!(8/10更新)
第3回目:梅雨を制して、スッキリボディの陰陽五行学!(7/10更新)
第2回目:中庸ってなあに?(6/10更新)
第1回目:マクロビオティックとは?(5/10更新)



第18回目:丁寧な生き方は安定した心を育む!?(10/10更新)


丁寧な生き方は安定した心を育む!?


例えば、キャベツやニンジン、玉ねぎなどの丸い安定した野菜を取り入れたおかずを一品増やすのもいいですよ。
また、秋の実りといえば新米、お米です。みなさん普段お米を食べていますか?麺類、パンなどの小麦粉に偏ってませんか?
小麦粉は春「木」のエネルギー。
秋「金」とは相克の関係に当たります。相克の関係とは、ライバル同士、相性があまり良くありません。 秋の時期に体の不調が長く続く場合、夏に食べ続けていた麺類生活を続けていないか?を見直してみましょう。
小麦粉は背丈が高く、実った状態でもまっすぐ上を向いて伸びています。まるで剣の様な鋭さですね。 お米は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と言われるように、収穫時期になるときれいにお辞儀ポーズをします。 謙虚さを表す言葉としてとても有名な言葉ですね。賢い人ほど、人にいつも頭を下げてますよ、という意味でもあります。
またマクロビオティックでは、小麦粉をよく食べる国は、宗教で戦争をする傾向があるといわれており、 お米を食べる所は仏教徒が多く、宗教で戦争をする傾向が低いといわれています。平和的な性格特徴があると考えられています。

丁寧な生き方は安定した心を育む!?

食べ物のエネルギーと調理方法


マクロビオティックにおいて、食べ物の持つ形状、育つ状況は、栄養学とはまた違った形で体に作用すると考えています。
食べ物の持つ方向性、エネルギーも考慮しながら食べると、栄養素だけない部分にエネルギーチャージできるかもしれません。 是非この機会に食べ物の育ち方、フォルムなどに興味を持ってみましょう。
また調理方法も、食べ物の持つエネルギーを変化させることができます。
例えば、お米を炊くにも、水がたっぷり入れて蓋をしないで炊けばお粥になります。 この場合、お米は「金」のエネルギーになりますが、調理方法という違った形のエネルギーが加わる事によって、 「木」春のエネルギーにチェンジします。土鍋で炊けば、圧力鍋より陰性になります。
お米を食べるのが、ちょっと重く感じるときは、圧力鍋より土鍋で炊くのもお勧めです。

丁寧な生き方は安定した心を育む!?

マクロビオティックのご飯の炊き方

どの家庭で「電気釜」で炊く事が多いかと思いますが、 これは電気調理になりますので、「火」夏のエネルギーになります。
ちなみに電気調理でもっとも強烈なのは電子レンジ、IH調理。 電磁波はとても便利な部分を持ち合わせながら、シンプルな構造で加熱調理を行うわけではないため、 マクロビオティックでは出来るだけ控える事を推奨しています。
電気自体は陰性ですが、陰性という冷やす力に加熱作業を行わせる為、あべこべな状態になります。 自分で自分の事が分からない、心と体がばらばらに感じる、思った事と態度が一致させようとしても、素直になれない。 と思っている方は、一度ガスでご飯を3日炊いて食べてみましょう。
ガスでご飯を炊く事がむつかしく感じるかもしれません。 また、面倒くさいと思う方、ガスが1,2つしかない為、ご飯を炊く事に場所を取られると、
ほかの調理ができないという方は、朝いちばんにご飯を炊きながら身支度する事をおすすめしたいと思います。 炊いた後はおひつに移動させるか、温かいご飯を食べたい方は保温させるか、どちらでもいいかと思います。 ただ電磁波の影響と、保温させると味が落ちるのが困る方は、是非おひつを利用してみましょう。

丁寧な生き方は安定した心を育む!?

時間をかけて作るごはんは、パワーを持っている

ご飯を炊き終わった後に、お味噌汁と納豆のみの朝ごはんも、シンプルでいいですよ。
朝からしっかり食べたい方には、やはり電気釜の方が便利かもしれませんが、 朝ごはんをシンプルにする事にストレスのない方は、ガスでご飯を炊く時間としてみましょう。 また朝はフルーツでいいという方もいるかと思います。そういった方にはちょうどいいですね。
時間を忘れそう、火加減のタイミングがむつかしいという方に一押しの調理器具が「圧力鍋」
圧力鍋は、圧がかかるサインが分かりやすく設計されており、火加減を落とすタイミングが分かりやすい上に、 短時間でご飯が炊ける為、時間がない方に優秀な調理器具です。 白米であれば、圧がかかってから3分(メーカーによっては5分)で火からおろす事が出来ます。 火をかけてから15分前後あれば、圧がかかります。つまり20分もあれば炊く事が出来ます。
時間のある時は、是非土鍋でゆっくり時間をかけてご飯を作るのも非常におすすめです。 時間をかけて作るごはんの持つエネルギーは「手間をかけた、手塩をかけた」パワーを持っています。
自分の事が好きになれない日が続く方、また自分を大切にできない方は、 クイックリーなご飯を食べ続けていないか?を振り返ってみましょう。

丁寧な生き方は安定した心を育む!?

真のマクロビオティックの真の姿勢

自分に手間をかければ、自分を大切に感じられます。
子育ても手間をかけてもらった思い出は、言葉を超えて体が覚えています。
自分が言われもない不安に襲われる時は、もしかしたら、自分の命を繋ぐ「食べる」という行為に、 手を抜いている瞬間が多いのかもしれません。 自分の食べる事に時間をかける事をこの機会に見直してみましょう。
調理時間は自分の体と心の為に使う時間と比例すると思えば、ひと手間は、 めんどくさい作業ではなく、ひと手間こそ、自分を無条件に好きだといえる逞しさ、深い愛情を培う基盤になります。
ヨガやピラティスなどのトレーニングも同じく、小さな積みかさねは、ゆるぎない力を作り出します。
マクロビオティックは特別な食べ方や、調理方法でなく、日々出来そうな事を自分なりに、自分らしくこなしていくことです。 毎日ガスで炊かなければならないという事ではありません。気持ちが乗って、時間に余裕のある時でいいのです。 その心地よさがまた味わいたい!と思う瞬間を増やす事から始めてください。
そして自然と毎日そうしたくなったら、その時があなたの日々のマクロビ生活。
してもしなくてもいい。便利に心地良さを求める事から離れ、 そのうち丁寧に過ごす心地良さを求める日が来る瞬間をのんびり構える姿勢こそが、真のマクロビオティックですよ。
マクロビオティックをもっと気軽に取り入れてみたい方、 簡単な基礎を学んでみたい方は、是非11月23日「明日から出来るマクロビ講座」にご参加ください。 お待ちしております。

11/23(水/祝)片岡まりこ先生による「明日から使えるマクロビ講座」開催します♪
【↑↑↑オススメ↑↑↑】11/23(水/祝)片岡まりこ先生による「明日から使えるマクロビ講座」開催します♪
座学とヨガを楽しく、分かりやすく、面白く学ぶことが出来ます。
食事や女性の身体の仕組みを分かりやすく学び、今の自分に合うものをどうやって取り組んでいけばいいか?をマクロビオティックの陰陽五行を使いながら見つけるお手伝いをします。


ヨガやピラティスをどれだけ修得できるかは個人差がありますが、スクール・講師の質によって 大きく変わります。
ヴィオラには、個性あふれ暖かくて教え上手な現役インストラクターが担当してい ますのでご安心ください。
『基本』からしっかり指導していくと共に、ただ教えるのではなく「伝える」という事も重要視しており『実践的な指導技術』を修得できます。


スタジオの一般クラスを体験し直接感じていただいたり、インストラクターを目指す方には、
ヨガやピラティスインストラクターコース無料説明会や個別の説明会も随時実施していますので、 お気軽に担当者や講師に相談してみてください。


お電話でのお問い合せは06-6263-4141まで


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2009-2015 YOGA PILATES VIOLA TRICOLOR. All Rights Reserved.