マクロビオティックとヨガ

こんにちは。
キッズヨガマタニティヨガ産後ヨガインストラクター養成コースを担当している片岡まりこ(カタオカマリコ)です。

ついに2016年も最後の月。
陰陽五行で、最も陽が極まり、水のエネルギーが高まる時です。
夏場に伝統的な夏の生活を送っている方にとっては、冬は受け入れやすい体に変化していますが、
近代的な夏生活では、自律神経が揺さぶられやすく、体調を崩しやすい傾向に陥る事もあります。



第19回目:秋の金のエネルギー食材で、体の筒状を整える!(11/10更新)
第18回目:丁寧な生き方は安定した心を育む!?(10/10更新)
第17回目:秋のアンチエイジングは、めんどくさい心からの卒業式(9/10更新)
第16回目:夏こそ冷え対策&腎系のケアー(8/10更新)
第15回目:疲労回復に重点を置きましょう!(7/10更新)
第14回目:梅雨時期に注目!梅干しの効能&梅を取り入れたマクロビ料理(6/10更新)
第13回目:身近な常備薬!ごま塩の効能とアレンジ方法(5/10更新)
第12回目:春.そのB 春をうまく利用して、さわやかな1年を手に入れよう!(4/10更新)
第11回目:春.そのA 肝のエネルギー「怒り」を見直し、ストレスフリーに!(3/10更新)
第10回目:その@ 花粉症、アレルギーとうまくお付き合いする方法(2/10更新)
第9回目:マクロビ式九星気学からみる来年の運気!(1/10更新)
第8回目:家も体も大掃除して良い年越しを(12/10更新)
第7回目:そろそろ心と体も冬支度準備(11/10更新)
第6回目:早寝早起き無限のお得(10/10更新)
第5回目:季節の変わり目リセットヨーガ&食べるお手当(9/10更新)
第4回目:丸い野菜で心も丸く!(8/10更新)
第3回目:梅雨を制して、スッキリボディの陰陽五行学!(7/10更新)
第2回目:中庸ってなあに?(6/10更新)
第1回目:マクロビオティックとは?(5/10更新)



第20回目:陰陽五行の発想の転換で「いつも同じ」を「意味のある変化」に♪(12/10更新)


陰陽五行の発想の転換で「いつも同じ」を「意味のある変化」に♪

体にちょうどいい「ゆらぎ」が不足する、現代の生活


エアコンの発達によって、室内が一定の生活を行うと、
同じ刺激の繰り返しで疲労が蓄積しやすい傾向があります。
夏も冬も一定の温度を設定したままにせず、90分に1度は温度を2度前後変化させて対応しましょう。

また安定しすぎた環境により、
自律神経が鍛えられない為ちょっとしたストレスにも過剰に反応してしまう傾向も。

特に気密性の高いマンションにお住いの方は、
熱い寒いの安定感、光熱費のコストダウンなどのメリットはありますが、
安定しすぎて、脳が疲労しやすくなるともいわれています。

また隙間風が室内に流れる木造の日本家屋は、
特に冬が寒く室内を移動するだけでも寒い暖かいを繰り返すので、
住み心地はあまりいいとはいえないかもしれません。

またご年配の方にとっては脳梗塞などのリスクがある事もありますが、
安定しすぎない室内の変化が、体にとってちょうどいい「ゆらぎ」を得るメリットがあります。
脳の疲労回復につながる事もあります。

陰陽五行の発想の転換で「いつも同じ」を「意味のある変化」に♪

体の芯から温めて、寒さのストレスに負けない!


なぜこんな話をしているのかというと、
冬といえば風邪、インフルエンザ。
誰でもがかかりやすい免疫系の病気が、
冬という季節を理由にあっさり罹る傾向にあります。

また今年はインフルエンザの流行のスタートが最速だとニュースで流れておりました。
特に今年は寒いとのこと。
実際、先月東京で観測史上初の積雪がありましたね。
寒い日には温かくして過ごすこととともに、
体の芯からぽかぽか&寒さにストレスが少ない心身を目指していきましょう。

陰陽五行の発想の転換で「いつも同じ」を「意味のある変化」に♪

この季節にオススメの、水のエネルギーをチャージ


水のエネルギーは、腎、膀胱、生殖器がメインとなります。
エネルギーでは下降、流氷。
料理では、塩味で水分がなくなるまでしっかり煮占める、
煮込み料理、オーブン調理、古漬けなど。
食材では、
パン、そば、糯米、持ち、豆(特に小豆)、ゴボウ、自然薯、昆布、玄米の味噌、高野豆腐、ドライフルーツ、切り干し大根などの乾物。

こういった食材を冬場は多めに取り、生の物(サラダ、果物)を控え、
調理方法もしっかりと火を入れた物を食べる量を増やしましょう。
例えば葉野菜はそこそこに、
根菜類をしっかりと取る様にしましょう。鉄なべなどを使った料理もいいですよ。

水のエネルギーチャージ!
簡単なメニュープラン例を作ってみましょう。

陰陽五行の発想の転換で「いつも同じ」を「意味のある変化」に♪

マクロビオティックのメニュー構成は、シンプルに考える



玄米ご飯(白米なら黒米か小豆入れたご飯、またおこわもいいですよ)
具だくさん根菜類たっぷりの味噌汁
季節の煮魚、または塩焼き
高野豆腐の煮つけ
味噌汁のだし昆布を使った佃煮とさっとゆでて青菜の和え物

ここでポイントは、夏場はお吸い物、
具沢山から具が1〜2種類までで水分多めの具を極力少なくし状態。
例えば、お魚のメインは、お刺身、またはたんぱく質を陰陽五行から考えた時には、
夏場は控えても良いので、魚から冷ややっこでもよいのです。
またはこんにゃくのお造りという方法もあります。
高野豆腐の煮つけは、先ほど上に書いた冷ややっこ。
昆布の煮つけから、海藻と水菜やレタスのサラダ。
これは多めがおすすめ。

マクロビオティックの単品を作る事は、さほどむつかしくないのですが、
メニュー構成はスクールで勉強していた時に最もむつかしく感じた講義でしたが、
もっとシンプルに頭で考えず、季節を体で感じれば、シンプルに構成することができます。

陰陽五行の発想の転換で「いつも同じ」を「意味のある変化」に♪

陰陽性のサインリストで体の状態チェックを!


冬は、調理工程を多めに取ったり、過熱を多くとったり、
土の中にあるものをしっかり取り入れたりするだけでいいのです。
ただ、気を付けないといけないのは、陽性体質の方。
摂りすぎると重くなってしまい、
眠気が止まらない、頑固になる、視野が狭くなる、
一つの事ばかりにエネルギーを注いでしまう傾向が高まります。

陰陽性のサインリストで今の体の状態をチェックしてみましょう。

陰陽五行の発想の転換で「いつも同じ」を「意味のある変化」に♪

簡単にできる陰陽調整!


またこれで自分の体質を固定しないようにしましょう。
今その状態についての状況です。
その日一日、出来ればご飯を作る前にチェックしてみて、
メニュー構成を変えてみましょう。

といっても、思いっきり食材やダイナミックに料理方法を変える事までは大変な手間です。
そこで、具材の切り方を変えてみるようにしましょう。
陽性が強くなりすぎた場合は、薄切りに、
陰性が高まりすぎた際は、みじん切りや千切りに、
包丁を入れる数を調整して、陰陽のバランスを整えてみましょう。

また加熱する時間をちょっと変化させる、
また煮占めた一品には、お酢やトウガラシ、青のり、ネギを振りかけると、
とっても簡単に陰陽を調整かける事が出来ます。

陰陽五行の発想の転換で「いつも同じ」を「意味のある変化」に♪

陰陽五行の発想の転換で意味のある有意義な変化に!


コンビニでご飯を買う習慣のある方も、
いつも同じものを同じように食べるのではなく、
添え物や、ふりかけ、ドレッシングなどで調整かけるといいですよ。

たとえば、サラダをよく買う方は、
夏場は青じそドレッシング、秋は金ゴマドレッシング、
冬は、シーザーサラダなどのチーズ系または、温野菜サラダをチョイスするなどして、
季節感を出すようにしてみましょう。

いつも同じ、を陰陽五行の発想の転換で意味のある有意義な変化にする事ができますよ。


ヨガやピラティスをどれだけ修得できるかは個人差がありますが、スクール・講師の質によって大きく変わります。
ヴィオラには、個性あふれ暖かくて教え上手な現役インストラクターが担当していますのでご安心ください。
『基本』からしっかり指導していくと共に、ただ教えるのではなく「伝える」という事も重要視しており『実践的な指導技術』を修得できます。



スタジオの一般クラスを体験し直接感じていただいたり、インストラクターを目指す方には、
ヨガやピラティスインストラクターコース無料説明会や個別の説明会も随時実施していますので、
お気軽に担当者や講師に相談してみてください。


お電話でのお問い合せは06-6263-4141まで


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2009-2015 YOGA PILATES VIOLA TRICOLOR. All Rights Reserved.