マクロビオティックとヨガ

あけましておめでとうございます。
キッズヨガマタニティヨガ産後ヨガインストラクター養成コースを担当している片岡まりこ(カタオカマリコ)です。

どうぞ今年もよろしくお願いします。
色々怒涛のように過ぎた2016年から、2017年になりましたね。
今年の冬はかなり寒い日が多いとのことですので、風邪など引かないように体に気を付けてお過ごしくださいね。
年のチェンジといえば、九星気学を中心に数えている者としては、申年の2016年はあと一か月弱残っています。
大掃除が間に合わずに諦めた方も、2月3日までにいろんな事を掃除するといいですよ。



第20回目:陰陽五行の発想の転換で「いつも同じ」を「意味のある変化」に♪(12/10更新)
第19回目:秋の金のエネルギー食材で、体の筒状を整える!(11/10更新)
第18回目:丁寧な生き方は安定した心を育む!?(10/10更新)
第17回目:秋のアンチエイジングは、めんどくさい心からの卒業式(9/10更新)
第16回目:夏こそ冷え対策&腎系のケアー(8/10更新)
第15回目:疲労回復に重点を置きましょう!(7/10更新)
第14回目:梅雨時期に注目!梅干しの効能&梅を取り入れたマクロビ料理(6/10更新)
第13回目:身近な常備薬!ごま塩の効能とアレンジ方法(5/10更新)
第12回目:春.そのB 春をうまく利用して、さわやかな1年を手に入れよう!(4/10更新)
第11回目:春.そのA 肝のエネルギー「怒り」を見直し、ストレスフリーに!(3/10更新)
第10回目:その@ 花粉症、アレルギーとうまくお付き合いする方法(2/10更新)
第9回目:マクロビ式九星気学からみる来年の運気!(1/10更新)
第8回目:家も体も大掃除して良い年越しを(12/10更新)
第7回目:そろそろ心と体も冬支度準備(11/10更新)
第6回目:早寝早起き無限のお得(10/10更新)
第5回目:季節の変わり目リセットヨーガ&食べるお手当(9/10更新)
第4回目:丸い野菜で心も丸く!(8/10更新)
第3回目:梅雨を制して、スッキリボディの陰陽五行学!(7/10更新)
第2回目:中庸ってなあに?(6/10更新)
第1回目:マクロビオティックとは?(5/10更新)



第21回目:2017年、運気の旅(2017/1/10更新)


2017年、運気の旅


2017年、今年は二黒土星が五黄土星のハウス(センター、中宮)から、一白水星が五黄土星のハウスに入ります。
この五黄土星のハウスに入ると、この一年は一白水星の影響を全ての星が影響を受けます。
去年、一昨年の説明はこちらからどうぞ
こちらには星本来の気質もアップしておりますので、ぜひお読みくださいね。

全ての星がほかの一年ごとに8つの星の場所に移動していきます。
ヨーロッパで例えると、
イタリア人がフランスに一年滞在する、次はイタリアに滞在する、
フランス人の方も、イタリアに滞在、イギリスに滞在など、
9年かけて自国も含め住む事になります。
適応を選べは「住めば都」フランス料理やイギリス料理を堪能する事も可能です。

2017年、運気の旅

運気は天気予報、まずは「自分に合う」を大切に。


時に、いかに自国の国の文化や食生活が優れているかを再確認し、
自国らしさをより愛するパターンもあるかもしれません。
つまり、いろんな国に一年ずつ住むことで、
自分の仕来りや生き方そのものを、押し通すのか、
それとも「郷に入っては郷に従え」にチャレンジするのか、
いろんな生き方を自身で選ぶことができます。

一般的には、郷に入っては郷に従い、自分の我を落としていこう、という風潮はありますが、
あくまで仏教や日本人的発想なので、合わないと思えば、
勇気を持ってパスするのも、またアリではないかと思います。
あくまで運気は天気予報のようなものです。
当たる事もあれば外れる事もあり、
雨降るなら、傘持って出かけば濡れる事もない。
ちょっとした手間をかけた方がいい年なのか、
濡れる事を味わうという考え方もアリですね。
色んな星を9年かけて経験し、
自分の幅を広げるチャンスを体験するし、
経験値が増え、自身の適応能力を高める事で、
大きな器を得ていこうという風に個人的には捉えています。

2017年、運気の旅

九星気学を、自分にとって「使い勝手の良い」ツールに!


苦手な事も解決策を見出し、
従う、闘う、どちらもしっくりこず悶える。
そしてどうしようもない事に出会った際は「解決を諦め、経験値アップの時期」と悟り、
過ぎ去るのを待つ方法もあります。
一年過ぎれば、別の国に移動出来るぞ!
という未来展望を、九星気学によって持つことができます。

天気も同じく嵐が24時間、365日続く事はありません。
変化する星に住んでいるのですから、運気の悪い嵐の事だけ考えていても意味がありません。

九星気学は人それぞれ、
運気としてライトに捉える事として使うもよし、
深く観察して、哲学的に読み取っていくことも可能なのです。

自分にとって都合の良い、
使い勝手の良いツールとしてぜひお使いいただければ、
人によっては、さらに星の気質を頑なにする人もいますが、
その人が納得出来る生き方であればそれも良し。
スムーズさと柔軟な生き方としての提案では、前者がおすすめです。

しかしそれも星そのものの持って生まれた気質によっても、
頑なになりやすい傾向と、より柔軟に変化する星の気質も多少なりとも存在しますので、
無理してまでは合わせない事も大切です。
全て選択は自分で決めれる良さがある。
決してその事を忘れないようにしておけば、
小野威悩みすぎる事から離れますよ。

2017年、運気の旅

一白水星の傾向と、2017年のキーワード



今回は一白水星のもたらす2017年の傾向について。
一白水星は、9個の星の中で、
このハウスに入ると「凶」です、と言われているハウスです。
一白水星自体が悪いわけではありませんので注意!

ちなみに今年は七赤金星の方が一白水星のハウスに一年に入ります。
一白水星が中宮に入るので、
全てに感染、影響をふるう「五黄土星のハウス」に所属するため、
一年の気象予報全体の傾向「一白水星」の各ハウスの「季節」を味わう事となります。

一白水星は季節で例えると、冬、
方角でいえば北、
時間でいえば夜の11〜12時を指します。

このキーワードから「明るさ」は感じにくいものです。
明るさを幸せとする人にとっては苦痛ですが、
落ち着き、静けさ、眠り、引きこもる、といった所に癒しを感じる方には悪い運気とは言えません。
今年一年は、明るく、消費が多い、賑やかさからは一旦身を引きます。
一白水星のハウスに入っている時に事はじめをしない方がいいといわれている代わりに、
人との関係に恵まれる傾向があります。
天地人というのがあれば、
一白水星は「天」という運気は見放す代わりに、
横にいる人との関係が一気に深まる時です。
家族や身近な人々との繋がりを見直し、
長年身近な人との関係の修復を見直すならいい時期となります

2017年、運気の旅

2017年は(も)、ヨガ・ピラティスのスタジオへ!?


近年、SNSの爆発的ブームによって、
色んな人々とライトな関係を築く楽しさに力を注ぐ人が多かったかと思いますが、
そういったSNSというバーチャルな世界のネガティブな部分が今年は出やすくなります。

自分のいい部分だけ見せ続けられる事により、
ハッピーで且つ、めずに済みますが、
今年は過剰に「ありのままの自分」を認めて欲しくなります。
またリアリティな関係に強く意識が向きやすくなります。

しかし、一白水星の季節は冬。
外側に意識を向けるのは、消耗以外何者でもありません。

逆に外が寒いお陰で、内にこもって人の温かさを確認する事となります。
外の寒さは今年一年変わりません。
代わりにすでに温かさを持っている場所にフォーカスを置く事が大切です。
雇用でいえば、人しかできない仕事が見直される傾向が出てくるでしょう。
保育士や介護士などの現場の雇用の見直し、
サービス業における勤務状況の見直しなどが現れるかもしれません。
人とのリアリティな繋がりを大切にする時期ですから、
ネット配信やDVDでヨガやピラティスで取得されていた方々が、
スタジオに足を運び、生で人から学んでみたいと思う人も増えるのではないかな?
と予想してます(笑)

2017年、運気の旅

今年のテーマは「他人事」を辞める


今年は、国全体に隠し事や誤魔化していたことが露呈し、
ごまかしようも無いほどに膨れ上がっている現実を、他人事と捉えず、
みんなでシェアーしていくことができれば、
2020年のオリンピック(七赤金星センター)に向けていい形が取れるのではないかな?と思います。

今年のテーマは「他人事」を辞める事。
だけど手と口を出しすぎるお節介も控え、
見守り続ける忍耐力をしっかりと意識する事が9つの星全体に言える事です。
自分自身の本音としっかり向き合うにもちょうどよい時期。
いろんな志向や思考に振り回され、
自分に合わないものや本音とは違う事に力を注いでいる事から、
距離を置くにはちょうどいい時期です。
慢性的なストレスは、合わない事をひたすらやり続ける事にあります。
合わない生き方と自分に無理のない生き方を模索&認識出来る一年となりますように。

2月のコラムは各星の運気をアップしますので、お楽しみ!


ヨガやピラティスをどれだけ修得できるかは個人差がありますが、スクール・講師の質によって大きく変わります。
ヴィオラには、個性あふれ暖かくて教え上手な現役インストラクターが担当していますのでご安心ください。
『基本』からしっかり指導していくと共に、ただ教えるのではなく「伝える」という事も重要視しており『実践的な指導技術』を修得できます。



スタジオの一般クラスを体験し直接感じていただいたり、インストラクターを目指す方には、
ヨガやピラティスインストラクターコース無料説明会や個別の説明会も随時実施していますので、
お気軽に担当者や講師に相談してみてください。


お電話でのお問い合せは06-6263-4141まで


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2009-2015 YOGA PILATES VIOLA TRICOLOR. All Rights Reserved.