特別企画!chama先生監修【おうちでリストラティブヨガ】

リストラティブヨガは、通常の身体やマインドの活動を離れ、自分をあるがままの状態へと導くヨガです。 身体のエネルギー‐呼吸・血液・リンパ液- を特定の流れへとフォーカスさせることにより、深いリラクゼーションと活性を促します。ここではお家で簡単にできるアーサナを紹介していきます。

リストラティブヨガ講座 担当:chama先生 profile
Chama先生 アシュタンガヨガの実践・指導を重ね、機能解剖学を学びクラニオセイクラルなどのボディワークへの知識を生かしたアジャストメント指導(身体に触れての指導)に定評がある。
近年自身の経験から「自立したヨガ指導者」を育てるための少人数制ヨガ指導者養成講座を開催し、後輩の育成にも力を入れている。
介護の経験や、高齢者への指導の経験をもち、リストラティブヨガの第一人者Judith Hanson Lasaterの下で定期的に学び、リストラティブ(癒やしと回復)の要素をヨガクラスに取り入れ心身の回復を目指す人やシニアの指導にあたる。
Nancy Gilgoff 「Adjustment Clinic」、David Swenson 「Ashtanga Yoga Teacher Training Primary Series/Intermediate Series」、Cyndi Lee「NY.OMヨガティーチャートレーニング」Judith Hanson Lasater リストラティブティーチャートレーニング「Relax & Renew」などに参加。
定期的に東京で指導しながら日本各地のワークショップ、国内外のヨガイベントにて指導。
TOKYO YOGA主催


リストラティブヨガ的・ブランケットの折り方

おうちで気軽にリストラティブヨガを行う為には、まずブランケットの折り方を覚えましょう! 毛布やタオルケットなどでも代用できます。
フリースなど柔らかい素材のものでも良いですが、できればメキシカンブランケットなど、アクリルなどの硬い素材が入っていて、しっかりと身体を安定させてくれる物がベターです。


1:ブランケットの長い方の辺を、2つに折ります。
2:あと2回、長い辺を2つに折って、8分の1サイズにします。 これが基本形の「スタンダード折り」です。
このスタンダード折りから、短い方の辺を2つ折りにしたものが「シングル折り」
波状に2回折ったものが「ダブル折り」。丸めてロール状にしたものが「ロングロール」
用途や目的に応じて、上手に使い分けましょう!

横になる・体を起こすという時の注意点

私たちには防衛本能があるため、横になった姿勢から体を起こす際に、頭から体を起こし、周りに敵がいないかを視覚を使って確認する、といった本能的に行なっている『動きの癖』があります。でも、現代においては、そのような危機的な環境で横になられるケースは、非常に稀ですよね。
頭から体を起こすことによって、首にかかる負担は、とても大きいものです。また、首には沢山の大切な神経が走っています。

リストラティブヨガをする際には、体を起こす時に「頭を最後に上げる」ようにしましょう。
また、横になっていく時も、後頭部を手で支えながら、なるべく首に負担をかけないようにして横になる事をお勧めします。

日常の生活の中でも、このように、首に負担をかけない動きが自然とできるようになってくれば、 肩こりや目の疲れも次第に軽減していくことでしょう。

おうちでリストラティブヨガのポーズ一覧

シンプルバックベンドサポーテッド・レッグクロス簡単ヴィパリータカラニ