インストラクターの年齢

インストラクターの年齢
スクールへの質問で多いのは、
まず1つが、身体が硬くてもヨガインストラクターになれるのか?という質問です。
答えはYES!

一概には言えませんが、逆に言えば、柔らかければ教えられる、とも言えません。
難しいポーズが出来ても、教えるのは自身の練習とはまた全く別のことです。

教える生徒、クラスのレベルによっては、クラス中にデモンストレーションを見せることも必要です。
上級者向けのクラスで、体が固くてポーズが取れなければ難しいでしょう。
口頭説明だけでは分かりずらい場面もあり、実際に見せする必要も出てきます。

要は、指導クラス、対象者の選択です。
体が固いのであれば、体が固い方向けのクラスを指導する。
経験も短いのであれば、初心者のみ教えるというのも選択肢の一つです。

そして、もう1つは、

今年で○○歳ですが、 今からでもヨガインストラクターになれますか?

という質問です。
そこで、年齢を気ににされている方からの相談とそれに対するアンサーをご紹介したいと思います。

yoga-1507398

実際にいただいたご相談内容

Q)高齢化社会を見越して、健康を維持でき、しかも収入も得られる仕事を探していてヨガインストラクターに行きついたのですが、今からでも間に合いますか?
ヨガに興味がありインストラクターの資格を取得しようと考えております。
しかしながら今までスポーツに縁がなく、またスポーツジムに通った経験もなく身体も硬いです。
現在30代後半の私ですが、 やはり年齢的にインストラクターになるには遅いでしょうか?

失業期間中に様々な職種や資格を調べましたが、これから先のことを考えると
まずは身体が資本だという考えに至り、健康を維持でき、しかも収入も得られる仕事はということで
色々と調べた結果、行き着いたのがヨガインストラクターの仕事です。

A)
ヨガインストラクターの多くは、20代半ば~30代前半の方が大半ですが、 現在活躍されている方で、50代、60代や80代の方もいらっしゃいます。
おっしゃるように、超高齢化社会の到来により、今後さらにシニア層の増加が見込まれる昨今
ヨガで高齢者の健康増進や、運動不足解消、ストレス解消、自立した生活にむけてのサポートが出来ると思います。

ヨガは、幅広い層の方を対象者する素晴らしいメソッドです。
それぞれの年代に応じたヨガ(50代、60代、70代向けのヨガ)があります。
やってみたいと思った時がスタートです!


-----------------------------------------

Q)ヨガインストラクターは、歳をとったらどのような仕事をするのですか?
将来、ヨガインストラクターになりたいと考えています。
ヨガインストラクターというと若くてキレイな方が多いイメージがありますが、
歳をとったらどのような仕事をするのですか?


A)
ホットヨガやフィットネスクラブのヨガインストラクターは、若い方が多いイメージがありますが、 ヨガインストラクターといっても肉体を酷使するわけではないので、ヨガ業界では他業種と異なり、 比較的年配のインストラクターも多いです。
また、高齢者向けヨガや、瞑想など、専門性の高い知識や技術があればさらに長く続けられます。
スタジオやフィットネスクラブで長くインストラクターとして活躍していると
管理職として迎えられることもあるでしょう。

何度も言うように、ヨガは、幅広い層の方を対象者する素晴らしいメソッドです。
仕事として捉えても、沢山のボディーワークがある中で、これだけ寿命が長いジャンルはかなり貴重です。
子供向けのヨガ、20代前半~30代半ばの美意識が高いOLさん、マタニティさんや 近年では高齢者ヨガの需要も伸びており、 それぞれの年齢の方が活躍できるフィールドがあります。

ヨガインストラクターの仕事は、他の仕事と大差なく大変です。
でも、ヨガが好き、または仕事にしたいなら、年齢問わず是非チャレンジして欲しいです!

一度しかない人生だから。
あなたのチャレンジ楽しみにしています!