Ginger先生による女性のからだをテーマにしたワークショップ「たかめていく氣と血のめぐり ~ピラティスとアーユルヴェーダができること~」 (全4回+ 特別講座)

Ginger先生による女性のからだをテーマにしたワークショップ「たかめていく氣と血のめぐり ~ピラティスとアーユルヴェーダができること~」 (全4回+ 特別講座)

【全4回】FTP マットピラティス 指導者 アーユルヴェーダ セルフケアアドヴァイザーのGinger先生による
女性のからだをテーマにしたワークショップを開催します!

Ginger6 私がピラティスやアーユルヴェーダの指導を行う中で出会った様々な年代の女性たち。
彼女たちの願いを集約すると、やはり健康で若々しくあり続けること。
女性は毎月の月経を通して自らの血と氣のめぐりの状態を知ることができます。
さらに妊娠、出産を通じて血のコンディションは変わり、養生の方法も変わります。
今回のワークショップでは私の持つピラティスの知識に加え、アーユルヴェーダや東洋医学、薬膳の智慧をお借りして女性の血と氣のめぐりの養生法を見直します。
日常生活に取り入れやすい季節ごとのセルフケアや食養生など、実践できることを中心にお伝えします。
なお男性のお客様、ご夫婦でのご参加も大歓迎です。

日程

第一回 秋編日  程2017年10月1日(日)
時  間14:30~17:30(3時間)
血のめぐりと質を高める アーユルヴェーダとピラティス
(特別講座 冬編 『女性力を高めるアーユルヴェーダ式食養生とピラティス』 )AyamiとGingerによる ピラティス&アーユルヴェーダ食養生
第二回 春編日  程2018年3月4日(日)
時  間14:30~17:30(3時間)
粘膜を強化して女性力を高めていくアーユルヴェーダとピラティス
第三回 梅雨編日  程2018年5月20日(日)
時  間14:30~17:30(3時間)
ホルモンを安定させる冷え取りアーユルヴェーダとピラティス
(特別講座 梅雨編 『女性力を高めるアーユルヴェーダ式食養生とピラティス』)
第四回 夏編日  程2018年7月8日(日)
時  間14:30~17:30(3時間)
女性器のケアと向き合う アーユルヴェーダとピラティス

お問い合わせはコンタクトフォーム、もしくはサポートセンターまでお電話ください!
06-6262-5852

Ginger7

第一回 秋編

『血のめぐりと質を高めるアーユルヴェーダとピラティス』
秋は肌の乾燥やアレルギー症状の出やすい季節。
アーユルヴェーダと東洋医学の観点から秋の養生法を学びます。
簡単な経絡のマッサージ方法と、職場や自宅でちょこちょこと実践できるピラティスのエクササイズを覚えましょう。
秋の薔薇のように内側から桃色に色づく頬と、みずみずしいお肌の輝きを手に入れませんか?


特別講座 冬編 『女性力を高めるアーユルヴェーダ式食養生とピラティス』
冬こそ生命力、そして女性力の象徴とも言える腎臓の養生を行いましょう。東洋医学では補腎と呼びます。
今回ご紹介するのはスパイスやハーブを使った日本料理。スパイスと言えばカレーしか思い浮かばない方に、日常的なスパイスの活用方法を覚えていただきたいと考えています。お料理の担当は管理栄養士であり、スパイス&ハーブを使った家庭料理教室を主宰するAyami。
アーユルヴェーダと東洋医学の観点からの補腎の講座と、経絡のマッサージ方法&ピラティスはGingerが担当致します。


第二回 春編

『粘膜を強化して女性力を高めていくアーユルヴェーダとピラティス 』
春は氣のめぐりをケアすることで血の質を高められます。
アーユルヴェーダでは様々なものを溜め込み、停滞させるエネルギーが高まりすぎないようにケアを行います。東洋医学では肝を養生する季節です。血の貯蔵庫である肝臓のために女性に限らず男性もできることを学びましょう。 簡単な経絡のマッサージ方法と、職場や自宅でちょこちょこと実践できるピラティスのエクササイズも行います。
瞳や爪、内臓の潤いを生む粘膜のケアを今すぐにはじめてみませんか?


Ginger2

第三回 梅雨編

『ホルモンを安定させる冷え取りアーユルヴェーダとピラティス』
冷えは万病の元とも言われて生きたほど、身体の冷えは様々な機能低下を引き起こし、また女性の活力を減退させます。
アーユルヴェーダと東洋医学、両方の観点から消化力の養生を実践して、脾の力を安定させます。身体の内側から湿度を追い出し、女性特有のむくみやおりものの量の悩みを解消していきましょう。
簡単な経絡のマッサージ方法と、職場や自宅でちょこちょこと実践できるピラティスのエクササイズも行います。

特別講座 梅雨編 『女性力を高めるアーユルヴェーダ式食養生とピラティス』


第四回 夏編

『女性器のケアと向き合う アーユルヴェーダとピラティス』
世界的に見て、日本人女性は膣や会陰のケアの重要性を認識していなさすぎると言われています。
女性にとって大切な器官であり、身体の悩みも多い部分でありつつお手入れの方法も知らずに放ったらかしている女性が大半です。
膣や会陰を含む女性器のケアはホルモン分泌、姿勢、体型、便秘、冷え、ストレスや爪の状態などに現れ、あなたが想像する以上にケアをするべき場所です。
会陰のケア方法と骨盤底筋を鍛えるエクササイズも学びます。
もちろんこのようなワークショップに参加することが恥ずかしいと感じる方も多くおられると思いますが、是非多くの女性に知っていただきたい内容をお届けいたします。



お問い合わせはコンタクトフォーム、もしくはサポートセンターまでお電話ください!
06-6262-5852




image3
Ginger 先生 profile
  • フリーランス アーティスト
  • FTPピラティス指導者資格保有
  • FTP マットピラティス 指導者
  • からだスキャン セルフマッサージ 指導者
  • Physical Mind Institute 認定 Tye4® Mat/Standing 指導者
  • アーユルヴェーダ セルフケアアドヴァイザー
  • 漢方・薬膳検定
英国にて衣装デザインと制作を学び、フリーのデザイナーとして様々な身体表現者たちと関わる中で、
また6 年近くに及ぶ異国生活で違和感を体現し始めた心と身体から、身体のコントロールへの興味を深める。
帰国後、ピラティスに出会い指導者としてのトレーニングを受ける。
東洋医学とアーユルヴェーダを基礎としたホリスティックな視点を用いたピラティスの指導を行う。
グループレッスン、個人レッスン共に男女問わず幅広い年齢層を指導。
レッスンを通じて、『感じる力』を磨くことを何よりも重要視している。
また、アートとスパイスの魔法を広める『空飛ぶ三人の魔女 (The Three Flying Witches)』 西の魔女としても活動も行う。
キーアート、Instagram/Facebook での発信、ボディワークを担当。
英語でのピラティスレッスンや海外講師の通訳、人体経絡図の挿絵など、ピラティスと英語、アートをリンクさせた活動も積極的に展開している。
ピラティスという言葉の枠を超えて、『感じる力』により働きかけるように、自然の中で呼吸や五感のワークを行うことも始めている。


Gingercolmun-header Ginger'sピラティスコラム【Art of Breathing】 人気ピラティスインストラクターGInger先生によるピラティスにまつわるコラムを毎月新月に配信!


料金

【前売り】5,000 円(税込) 【当日】5,500 円(税込)
第一 ~ 四回をお申込みされた方は各前売り:4,500 円(税込)となります。
全部で2000 円割引とさせていただきます!!
※ただし、第1 回目の開催の前日までにお申込みとご入金が必要となります。



持ち物

動きやすいウエア ※マットレンタル付き




[お申し込み方法]

①お電話06-6262-5852(月-土/10:00~20:00)または、 web予約にてご予約下さい。
②ご予約後、1週間以内にご入金いただきますようお願いします。
※ご入金の確認が出来ない場合は、キャンセル扱いとさせて頂きますのでご了承下さい。

[お振込先]
三井住友銀行 難波支店  普通 口座番号:8032530 株式会社アースシステム宛
※お振り込みの際に、お名前の後に開催日をご記入下さい。(例:「ヤマダハナコ 9.15」)

[キャンセレーションについて]
本予約(料金ご入金)後、お客様のご都合によるキャンセルされた場合は、以下の期間に応じキャンセル料が発生いたします。
  • 開催日の10日前まで・・・キャンセル料無し
  • 開催日の9日前~4日前まで・・・50%
  • 開催日の3日前~当日・・・100%

  • ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

    ご予約はコンタクトフォーム、もしくはサポートセンターまでお電話ください!
    06-6262-5852


    Ginger5

    会場のご案内


    【住所】

    〒541-0053
    大阪市中央区本町3丁目4番10号 本町野村ビルB1F

    【アクセス】

    地下鉄御堂筋線「本町駅」徒歩約1分、3番出口より左へ10m。1つ目の交差点(本町通)を東へ50m、サンマルクカフの隣がスタジオです。


    ご予約/お問合わせ

    WEBお問い合わせ
    ヴィオラトリコロール サポートセンター
    (月~土/10:00~20:00 日祝/休み)