yoga

「ヨガができない」あなたに知って欲しい2つのことと、練習ポイントを紹介。

最近では女性だけではなく、男性からも人気の出てきたヨガですが、いざヨガスタジオに通い初めたものの、

  • 思ったように身体が動かない
  • 呼吸が苦しくなってしまう
  • ポーズがきれいにできない
  • 周りの人と比べてしまう

なんて悩んでいませんか。

思い通りにヨガができず焦ったり、落ち込んだりする必要はありません。
ヨガで大切なことは、周りを気にせず、自分に集中することです。

この記事では「ヨガができない」と悩んでいる方に知ってほしいことをご紹介します。
悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ヨガをする上で大切な2つのこと

レッスンに行くと、ついヨガのポーズができるかできないかに気を取られがちですが、それよりも「今の自分に集中する」ことが大切。

かつ、ヨガのポーズは「安定と快適さ」を重要視します。

  • ひとつのポーズをいつまでもキープしていられる
  • 微笑みながらポーズができる

このような状態が安定と快適さを備えたポーズと言えます。

ヨガインストラクターのポーズが美しくみえるのは、この安定さと快適なポーズができているから。

「身体が硬いからポーズが上手くできない」というのは思い込みです。

ヨガのポーズには完成形がありますが、必ずしもそのポーズをしなければいけないという訳ではないので、頑張りすぎる必要はありません。

ポーズの完成形にこだわらない

ヨガのポーズは人によって、または体調によっても完成度が異なります。
必ずしも、インストラクターと同じポーズをしないといけないということではありません。

たとえばダウンドック(下を向いた犬のポーズ)では、初心者の方の多くは、カカトが床に付きません。
頑張りすぎて無理にカカトを着こうとすると、今度は背骨が丸くなり、胸が閉じ、呼吸も辛くなってしまいます。

そんな時は、呼吸が楽にできるポーズを優先しましょう。
まずは背骨を伸ばし、そして、ヒザを曲げてカカトも天井高くあげる。
そうすることで、胸が開き呼吸も楽になります。

 

ヒザを曲げ、カカトを上げているこのダウンドックは、インストラクターが見せる完成形とはずいぶん違うかもしれません。

最初からインストラクターが見せる完成形にこだわるのではなく、今のあなたの体の状態を見て、今できる完成形を目指すことが大切です。

 

そうして、練習を重ねるうちに、ポーズが深まり、いつの間にか背骨が伸びたまま、カカトが床につくようになるでしょう。
インストラクターと同じポーズができないと悩むのではなく、今あなたができる快適さと安定さが両立したヨガポーズを探り、まずはそこから深めていくのが、長続きするポイントです。

ヨガポーズは「手段」

ヨガとは「つながる」を意味するYuj(ユジュ)が語源とされ、自分の肉体と精神、自分と何かを繋げるためのものとされています。

ヨガポーズは、その「つながる」の土台となる肉体と心を、強く健康な状態にしてくれます。筋肉・内臓・神経が整っていることで、はじめて安定したポーズが可能に。

そして、心身が健康であるということは、ヨガ以外の日常生活も明るくしてくれます

安定した心は、あなたを開放的にしてくれ、外との新しい出会いや、あなたの中にある新しい可能性をつなげてくれるでしょう。

 

もし、あなたの心身が不健康であれば、心はネガティブになり、乱れた状態になってしまいます。
「悔しい」「悲しい」「辛い」といった感情で乱された心では、自分自身さえコントロールすることが難しくなります。

 

今日、あなたが自分のためにヨガのポーズを練習する時間があるのなら、硬さや見た目の美しさにこだわらず、今の自分の安定と快適さを求めたポーズを行いましょう。

かっこ悪くても、完成形とは違っても気にする必要はありません。
大切なのは、あなたの心が安定し、ポーズが快適であることです。

そうすることで、そのポーズは、あなたに心身の安定、健康的な強さをもたらしてくれるでしょう。

ヨガポーズの練習ポイント

ヨガの練習をはじめたばかりの人が、体の硬さや、体が思うように動かないことに悩むのは自然なことです。
その時々に一喜一憂するのではなく、その時のあなたの状態を受け入れながら、練習を続けることが大切とお伝えしましたが、いざ実行するとなると難しいですよね。

そこで、正しい練習を続けて、心身のパフォーマンスをあげるための2つのポイントをお伝えします。

ステップを踏んで、安全に行おう

ヨガの練習は、無理をせず行うことが大切ですが、この”無理をせず”というのは非常に難しいことです。
決して自分を甘やかしすぎず、かつ自分を追い詰めすぎないポイントを見極めることが重要。

そのためには、まず安全を第一に練習することと、経験のある人から助言を受けることです。

ヨガインストラクターであれば、あなたと同じような「ポーズができない」という経験を乗り越えている人が多いはず。
また、それぞれのポーズには、易しい動きから始めて、徐々に動きを足していく軽減法というものが存在します。

インストラクターはあなたの今の状態に合わせて、正しく練習を積めるステップや方法を助言してくれるので、行き詰まった時は、インストラクターに質問してアドバイスをもらってみましょう。

無理をし過ぎていないかを自分で確認してみたい場合は、「体が硬くてもヨガはできる?体が硬い人のためのヨガポーズの練習方法を紹介!」もチェックしてみてください。

ポーズを助けてくれる道具たち

ヨガのポーズには、体を強くする、体側を伸ばす、胸を開くなどの目的があります。
練習を初めたばかりの頃は、その目的が十分に果たせないことも多いでしょう。

そんな時にあなたを助けてくれるのが、ヨガプロップスです。

よく使われるヨガプロップスはベルト・ブロック・ブランケットの3つです。

ヨガベルト

ストラップとも呼ばれ、身体の硬い初心者にはありがたいアイテムです。
手と足、手と手が届かない時に役に立ちます。
ストラップは、片手でも簡単に操作できる仕様になっているので、練習中の身体の様子を感じながら簡単に調整することができます。

  • ヨガベルトの使用イメージ

ヨガブロック

プロップスの中でも、一番よく使うのがブロックです。
使い方はたくさんあり、ブロックの上に座るも良し、手が床に付かない時にも使えます。
硬さや色も数多くありますので、お気に入りをみつけると、練習が楽しくなりますよ!

  • ヨガブロックの使用イメージ

ヨガブランケット

ブランケットも使い道がたくさんありおすすめのアイテム。
マットと身体の間に挟んで使ったり、座位や瞑想時にお尻が痛くなるのを軽減してくれます。
高さを調節することで、姿勢を良くして呼吸もしやすくなる、余計な力みがとれ緊張が緩和されるなどの効果もあり。

ヨガスタジオでは、メキシカンブランケットや専用マットを完備されていますが、自宅で始める時は厚みのあるバスタオルなどで代用しても良いでしょう。

  • ヨガブランケットの使用イメージ

心へのアプローチ

ヨガのポーズというと、肉体へのアプローチがイメージとして先行しますが、実は心へのアプローチもあります。

例えば股関節から開く、前屈するといった動きは、ヨガポーズでも多く存在しますが、日常の習慣や運動不足などにより股関節の動く範囲が狭くなってしまったり、硬くなっていることあります。

そのままいきなりポーズに入ろうとすると、痛みがでる可能性も。

無理やり行うと、怪我につながる可能性もあるので、「ちょっと物足りない」「なんだか格好悪い」と感じても、まずはポーズの軽減法から行うことに慣れていくことを心がけてください。健康になるためにヨガを練習しているのに、怪我をしてしまっては本末転倒ですよね。まず優先するべきは「心地良さ」と「安全性」です。

肉体へのアプローチを焦って行うのではなく、心へのアプローチをまずは意識してみましょう。

まとめ

ヨガができないと悩んでいる方には「ヨガの完成形にこだわらない」「ヨガポーズはつながるための手段」であることを、この記事を通して知って頂きたいです。

ヨガポーズの安定と快適さを見つけるための練習ポイントをご紹介しましたが、見た目が美しいポーズにこだわるのではなく、まずは安全にヨガポーズを練習し、あなたにとっての安定と快適なポーズを徐々に見つけてみてください。

繰り返し練習することで、肉体のパフォーマンスは向上します。人によりかかる時間は異なっても、全てのヨガポーズは、全ての人ができます

焦らずに、あなたのペースで心身を向上させていきましょう


ABOUT ME
ヴィオラサポートセンター
ヴィオラサポートセンター
ヴィオラトリコロール サポートセンター 大阪・本町、堺・泉北、大阪・千里中央、神戸・三宮、天王寺・あべのでヨガ&ピラティススタジオと、ヨガ&ピラティスインストラクタースクールを展開している、ヴィオラトリコロールのサポートセンターです。