yoga

体が硬くてもヨガはできる?体が硬い人のためのヨガポーズの練習方法を紹介!

体が硬くてもヨガはできる

ヨガをはじめる時に「身体の硬さ」を不安に挙げる方はたくさんいらっしゃいます。

結論からお伝えすると、身体が硬くてもヨガはできます
むしろ、身体が硬い方が、よりヨガの効果は感じやすいと言えるでしょう。

ヨガを継続的に行うと「身体を伸ばす気持ち良さ」や「身体に柔軟性が出た」などの効果が感じられます。
日頃動かしていない身体の部位を、定期的に動かすだけでも、固まっていた箇所がほぐれて気持ち良さや柔軟性を感じやすくなるでしょう。

ただし身体の硬い方が気を付けなければいけないことは、「頑張りすぎない」ことです。

特に日本人の「真面目さ」や「頑張り屋」といった特性は、ヨガを行う時に、無理に頑張りすぎてデメリットになってしまう恐れがあります。
無理してポーズを続けると、怪我に繋がりやすくなってしまうので、注意が必要です。
決して無理をしない範囲で楽しくヨガのポーズに挑戦してくださいね。

体が硬い原因はなんだろう

身体が硬い原因の多くは、関節周りの筋肉の弱さや硬さによるものです。

例えば、ヨガポーズに多い、前に身体を曲げる前屈は、股関節周りの筋肉の硬さが原因になることが多いです。
また、お尻の大きな筋肉である大臀筋や、お腹周りの大きな筋肉の腹筋群の弱さも関係してきます。

筋肉の特徴として、本来働くべき筋肉が弱くなり正常に働かなくなると、他の部位の筋肉が弱った筋肉の代わりに働き、動きを補おうとします。
そうすることで、代わりに働いてくれる筋肉への負担が大きくなり、常に緊張した状態となります。
結果的に身体に張りや疲れを感じやすくなるのです。

これはヨガのポーズをしていない時の日常生活でも同じように起こります。
身体の硬さは、普段から「疲れ」「肩凝り」「むくみ」となって身体に現れることもあるので、健康な身体を維持するためにも、柔軟性を養い筋肉を鍛えることが必要です。

体が硬いと言うと、「筋肉を伸ばせばいい」というイメージを持つ方が多いと思います。
しかし、まずは普段あまり動かしていない筋肉をしっかりと動かして鍛えることが、柔軟な身体を作るポイントになります。

体が硬い人が、安全にヨガをする方法

冒頭でもお伝えした通り、身体が硬い場合、ヨガのポーズを頑張りすぎることで怪我に繋がってしまう可能性もあります。

健康のために始めたヨガで怪我をしてしまっては本末転倒なので、ここでは安全にヨガを練習するために気を付けるべきポイントをご紹介します。

  1. 呼吸が止まっていないか
  2. 歯を食いしばっていないか
  3. 辛い・痛い・しんどいと感じていないか

それぞれ詳しく解説していきます。

呼吸が止まっていないか

例えば、立ちながら前屈をした時に、床に手のひらがしっかりついていたとしても、無理をしていると呼吸がしにくくなります。

ポーズをしている最中に、呼吸がスムーズでなかったり、止まっていたら無理をしている証拠です。

そんな時はポーズの強度を下げてみてください。前屈であれば、ひざを軽く曲げたり、手をつく位置を床から足へ変えてみましょう。
そして、呼吸は長くゆっくり行うことを意識しましょう。

歯を食いしばっていないか

無理にヨガのポーズを続けると、筋肉がプルプルと小刻みに震えたり、気づかずに奥歯をギュッとかみしめていたりすることもあります。

ヨガのポーズを意味する「アーサナ」は、本来「玉座」と言って、王様が座る椅子を意味しています。
王様が座るように心地よい状態を目指しているので、歯を食いしばるほど頑張りすぎては本来の意味とはかけ離れてしまいます

歯を食いしばっていると思ったら、一度力を抜いてみましょう。いつもより少しだけ自分の体を頑張らせる程度から、練習を始めましょう。

辛い・痛い・しんどいと感じていないか

先にお伝えしましたが、ヨガのポーズを意味するアーサナとは、心地よい状態を目指すものです。
ポーズを取った時に痛みや辛さ、しんどさを感じる場合は、ポーズの強度を下げて練習しましょう。

もし、1点に集中して痛みを感じるのであれば、間違った動きをしている可能性が高いです。そんな時は一度ポーズを中断してお休みを挟みましょう。

無理をするのではなく、マイペースにポーズを練習して行くことが大切です。

体が硬い人にオススメ「ヨガブロック」

ヨガでは、身体の硬い方やヨガ初心者の練習を助け、ヨガの練習を安全で気持ち良いものにしてくれる、様々なプロップ(道具)があります。その中でも、多くのヨガスタジオに完備され、比較的手軽に手に入りやすいのが、ヨガブロックです。

ここではヨガブロックを使った練習方法をご紹介します。

ブロックを使ったヨガポーズの練習方法

ヨガブロックは基本的にポーズの補助道具として使います。

例えば、床に手をつく三角のポーズでは、床と手の間にブロックを置くことで、通常よりも浅い角度で安定してポーズを取ることができます。

また床に寝そべり、仰向けになるポーズでは、胸や腰の下にブロックを置くことで、普段よりも更にポーズを深めることができます。

その他、座って行うポーズの時に、お尻の下にブロックを敷くことで座りやすくなります。

あなたの身体の硬さに合わせてブロックを使い、ポーズの強度を調整しましょう。

ヨガブロックのお気に入りを見つけよう

ヨガブロックは色や厚みなど種類がたくさんあります。

重みと耐久性があり、安定したポーズが味わえるコルクブロックや、軽量なのでポーズを取りながら快適に移動させることができるブロック、そしてポップなカラーやスタイリッシュなカラーなど。

用途や手触り、価格帯などであなたの好きなものを選んでみてくださいね。


落ち着いたカラーと、適度な硬さのyogaworks(ヨガワークス)


より強度のあるポーズを練習する際にぴったり。コルクの手触りがGoodのManduka(マンドゥカ)


軽量で、ポーズ中の移動が容易なのがGood!カラーも豊富でかわいいスリア

ヨガブロックについての口コミ

ヨガブロックを実際に使っている人の、感想を見てみましょう!

まとめ

身体が硬くてもヨガを続けるうちに、だんだんと柔軟性が生まれてきます。

始めはポーズに慣れなかったり、普段使わない筋肉を使うことで筋肉痛になることもあるでしょう。

ヨガを習慣にすることで、身体が疲れにくくなったりと変化を感じられます。
まずは継続することが大切なので、無理はせずに安全にヨガを続けてみてくださいね。

ヨガ初心者でもできる!太陽礼拝のやり方とポイントを解説ヨガのレッスンでも、初めに行われることが多い太陽礼拝。 いくつかの決まったポーズを、決まった順番で行うため、初心者の方でも練習しやすい...
ホットヨガと普通のヨガ(常温ヨガ)は、何が違う?違いや効果を解説!人気が高まるヨガですが、街の中やヨガのサイトで「ホットヨガ」「常温ヨガ」といった言葉を目にしたことは、ありませんか? テレビCMで見か...

ABOUT ME
ヴィオラサポートセンター
ヴィオラサポートセンター
ヴィオラトリコロール サポートセンター 大阪・本町、堺・泉北、大阪・千里中央、神戸・三宮、天王寺・あべのでヨガ&ピラティススタジオと、ヨガ&ピラティスインストラクタースクールを展開している、ヴィオラトリコロールのサポートセンターです。