report

女性の健康のための陰ヨガ&セルフマッサージ(ワークショップレポート)

IZUMI
IZUMI
こんにちは。レポーターのIZUMIです。

待望のクリス・スー先生の「女性の健康のための陰ヨガ&セルフマッサージ」ワークショップ。
講座の始まり、やさしい表情で語りかけてくれるクリス先生がとっても印象的で、なんだかほっとしました。

最初にメディテーションから。
ジャッジすることも操作することもなく、ただ吸って吐いていく。
クリス先生のガイドを聴きながら目を閉じていると、少しずつ身体が緩んでくる、その微細な感覚にも自然と気づいている自分がいました。

そして陰ヨガへ。
現代の多忙なライフスタイルが、慢性的なストレスや体調不良の原因に。例えば糖尿病や、婦人科系疾患や脳卒中、自分が幸せと感じられない、などの症状が出る、それも、20-40代という若い世代にも!「うんうん」と頷きながら聞き入ってしまいました。
その原因は、ホルモンのアンバランス。東洋医学では陰陽のバランスが整っていない、陽のエネルギーが過剰になっていることにあって。陰のエネルギーとバランスしていく陰ヨガが、リラックスして良い睡眠をとることにつながる、また、下半身に働きかける陰ヨガは、女性の子宮がある骨盤の内側に働きかける、子宮のケアにも効果がある。
だから陰ヨガが、現代の、そして特に女性の健康にとって大事なんだ!と納得!!

後半は、陰陽バランスを整える実践。まずはセルフマッサージ。
陰陽のバランスが崩れると、両肩と頭頂を結ぶ三角形のトライアングルエリアに不調が現れる、例えば頭痛や顔の痙攣。このトライアングルエリアの力みや緊張を解いていくマッサージを実践。一度やってみただけで、顔の周りがふんわり緩んで温かくなるような感覚を実感。特に、クリス先生のアドバイスにあった、「口を開けて舌を緩めて」行うと、頭皮や顔、首周りの力みが自然と解けていく感覚がありました。
毎晩寝る前に実施すると、なんと、血流が良くなって、翌朝自分の顔に艶が出て輝いて美しいなと思うようになるそうです!早速毎日実践してみたいです!!


そして、陰ヨガの実践。
・無理強いをしない、無理に完璧なポーズに持っていかない。体の声を聞いて適切な位置で実施する
・ターゲットエリア、焦点を当てる部位のみに行う。そして、ターゲットエリアの周りの筋肉はリラックスして、引き締めない
・リバウンド、休息・回復の時間をとる
といった陰ヨガのポイントを意識しながら、自分とただただじっくり向き合う時間へ。


あっという間の時間、すっかり心も身体も緩んで、ぼーっとしたような、身体が軽くなったような感覚。
そして最後にクリス先生の笑顔。

IZUMIの感想

昔から陰ヨガが好きで日々実践してきましたが、クリス先生のワークショップを受けて、本当に身体の隅々まで力が緩んでいく、リラックスする感覚を感じました。
日々頑張っている自分の心や身体を緩め、陰陽のバランスを整えていくことが健康につながる、ということを自分自身の身体が深く感じとった時間でした。
次回のクリス・スー先生のワークショップも楽しみです。

ABOUT ME
ヴィオラレポーター IZUMI
ヴィオラレポーター IZUMI
名古屋在住のヨガインストラクター、レポーターのIZUMIです。 マタニティヨガ講座受講をきっかけに、Violaで色々な講座を受講したり、アシスタントとして関わらせていただいています。 Violaの講座は、どの講座もとっても魅力的な先生と講座内容で、毎回たくさんの学びがあります。ぜひ一緒に楽しみましょう。