yoga

ヨガインストラクーは通信講座でも目指せる?通信講座のメリットとデメリットとは

ヨガの人気の高まりとともになりたいと考える人が多くなってきているヨガインストラクター。

ヨガインストラクターになる方法にはさまざまな方法がありますが、最近人気が高まってきているのが「通信講座」です。
テキストや動画でヨガについての知識やスキルを高めながら資格を取得し、ヨガインストラクターとしての就職を目指すというものですね。
ただし、通信講座と聞くとどうしても気になってしまうのが、「通信講座を受けただけで本当にヨガインストラクターになれるのか?」という点について。

せっかくお金を払って通信講座を始めたとしても、ヨガインストラクターになれないのであれば意味がありませんよね?

そこでこの記事では、ヨガインストラクターの通信講座について詳しく解説していきます。
ヨガインストラクターの通信講座では「どういったことを行っていくのか」についてはもちろん、「本当に通信講座でヨガインストラクターを目指すことができるのかどうか」についても解説していきます。
ヨガインストラクターを目指している方は、ぜひ参考にしてください。

ヨガインストラクターになるのに資格は必要?

まずはじめに、ヨガインストラクターになるためには、資格の取得は必須ではありません。ただしヨガインストラクターの人気が高まる今、民間の有名な資格を取得することが、一種の登竜門となっています。

ヨガ業界で最も有名な資格は、全米ヨガアライアンス(RYT200)ですが、こちらを取得するためには、認定校(RYS: Registrated Yoga School)として登録されたスクールで、ヨガインストラクター養成コースを修了後に、全米ヨガアライアンスに登録するという流れが一般的です。

現在、ヨガインストラクターの通信講座はいくつかありますが、それらはあくまで通信講座をおこなっている会社が独自に設定したもので、そのほとんどが業界で認知されているものではありません

そのため、ヨガスタジオの面接に行き通信講座で得た資格について話したとしても、あまり興味を持たれない可能性が高いということを覚えておきましょう。

通信講座で取得できる資格はあくまで知識とスキルを証明するためのもの

ヨガインストラクターの通信講座で得ることのできる資格は、あくまでヨガの知識やスキルを証明するためのものでしかありません。
先ほども解説したように、通信講座で得られる資格はその通信講座をおこなっている企業が独自に定めたものがほとんどで、ヨガインストラクターとして採用されるための面接でアピールしたとしても「資格を持っている」こと自体はアピールポイントになりません。
ですが、通信講座で得た知識とスキルを使い、指導経験を積んだヨガインストラクターであれば、その「知識・スキル・経験」は、十分に採用時のアピールポイントとなり得ます。

あくまで、「通信講座を通じてヨガについてどういったを学び、どういったスキルを身につけることができたのか」をアピールするためのものだということをしっかりと理解しておきましょう。

通信講座でヨガインストラクターの資格の取得を目指すメリット

通信講座で取得できる資格自体は認知度はあまりありませんが、通信講座を通じて学べることや、身につけられるスキルにはちゃんと意味があります
ヨガについて通信講座で学ぶこと自体が、悪いわけではありません。

そこでここからは、通信講座でヨガについて学び、ヨガインストラクターの資格の取得を目指すメリットについてみていきましょう。

自分のペースで進められる

通信講座でヨガインストラクターの資格取得を目指す最大のメリットと言えば、なんと言っても自分のペースで進められることでしょう。
通信講座ではテキストやDVDなどを使って勉強を進めていくので、自分の好きなタイミングと自分のペースで進めていくことができます。

費用が安い

ヨガインストラクターの通信講座はスクールに通うタイプの講座よりも費用が安いというメリットもあります。
どれくらいの費用になるのかについては通信講座によって異なりますが、スクールに通うタイプの講座より高くなってしまうことはありません。

通信講座でヨガインストラクターの資格の取得を目指すデメリット

次に、通信講座でヨガインストラクターの資格取得を目指すデメリットについてみていきましょう。
実際に始める前にデメリットについても確認しておくと失敗する確率が少なくなりますよ。

やる気に大きく左右される

通信講座はマイペースで進められるのがメリットだと解説してきましたが、逆にそれがデメリットになってしまう可能性もあります。
通信講座はいつでもできるという特徴があるので、やる気がない日などにはついつい「明日やればいいか」となってしまいがちです。

そのため、常に一定のモチベーションを保っておく必要があります。

細かい部分がおざなりになる

通信講座はテキストやDVDなどの映像で学んでいくため、講師に質問したり確認したりすることができません。
メールなどで質問できるタイプのものもありますが、やはりリアルタイムで直接指導してもらうスクールでの講座には敵いません

そのため、細かな部分がおざなりになってしまう可能性があるということも覚えておきましょう。

有名な資格を取得することはできない

冒頭にも触れましたが、ヨガインストラクターの通信講座で取得できる資格は、有名な資格ではありません。取得できるのはあくまでその通信講座をおこなっている企業が設けた資格になるので、面接などでアピールできない可能性が高くなってしまいます。

ヨガについての知識とスキルがあるということはアピールできますが、資格自体がアピールできる可能性はほとんどないので注意してください。

もし資格自体もアピールしたいということであれば、冒頭にも紹介しました全米ヨガアライアンス(RYT200)を取得することを、オススメします。世界中で認知されている資格であり、日本のヨガインストラクターの登竜門とも言える有名なヨガインストラクター資格となっています。

代表的なヨガインストラクターの通信講座

ここまでヨガインストラクターの通信講座について解説してきましたが、実際のところヨガインストラクターの通信講座にはどういったものがあるのでしょうか?

代表的な2つの通信講座についてみていきましょう。

ヨガインストラクター養成講座(キャリアカレッジ)

さまざまな資格が取得できることで人気のキャリアカレッジ。
キャリアカレッジがおこなっているヨガインストラクター養成講座は、映像講義とテキストで学ぶタイプの通信講座です。

キャリアカレッジのヨガインストラクター養成講座では日本でのヨガの第一人者である豪華な講師陣が指導や質問への回答をおこなってくれるので、ヨガについてしっかりと学ぶことができます。
取得できる資格は、「一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)」の「ヨガインストラクター資格」です。

キャリアカレッジのヨガインストラクター資格をみてみる
https://www.c-c-j.com/course/products/healing/yoga-instructor/

ヨガインストラクター通信養成講座(FIRSTSHIP)

ヨガスタジオの運営やインストラクターの養成をおこなっているFIRSTSHIP。
FIRSTSHIPのヨガインストラクター通信養成講座では、DVD4枚と書籍、テキストブックでヨガについて学んでいきます。

カリキュラ修了後は、資格ではなくFIRSTSHIPの修了証書がもらえるようになっています。

ファーストシップのヨガインストラクター通信講座をみてみる
https://www.firstship.net/correspondence

通信講座以外でヨガインストラクターになる2つの方法

冒頭で触れたように、ヨガインストラクターになる方法には通信講座を利用する方法以外にもさまざまな方法があります。
そこで通信講座を利用する以外でヨガインストラクターを目指せる2つの方法についてみていきましょう。

ヨガインストラクター養成講座に通う

本気でヨガのインストラクターを目指したいのであれば、通信講座ではなく専門スクールでのヨガインストラクター養成講座に通うのがおすすめです。
ヨガインストラクター養成講座ではDVDやテキストだけではなく、実際に目の前でインストラクターの指導を受けながら学んでいくことができるので、より知識やスキルを身につけやすくなっています。

全米ヨガアライアンス(RYT200)を取得できる、インストラクター養成スクールを体験してみませんか?
https://yoga-viola.net/trial/

未経験でも採用してくれるスタジオの求人に応募してみる

ヨガインストラクターになるには特別な資格を取る必要ないので、未経験でもインストラクターとして採用してもらえることが多々あります。
そのため、通信講座や養成講座に通わず、いきなりスタジオの面接に挑むというのも一つの手です。

大手のヨガスタジオは研修制度なども充実しているので、志望動機や熱意次第で採用される可能性は十分にありますよ。

まとめ

ヨガインストラクターの通信講座に興味を持っている方のために、ヨガインストラクターの通信講座について詳しく解説してきました。
今回紹介してきたように、通信講座を修了したからといって必ずヨガインストラクターになれるわけではありません。むしろ通信講座で取得できるヨガインストラクター系の資格や修了資格は、ヨガインストラクターとして活動してく上での、アピールポイントとしては難しくなります。

そのため、本気でヨガインストラクターを目指したいのであれば今回紹介してきたように、「ヨガインストラクターの養成講座に通う」こと、可能であれば業界でも有名な全米ヨガアライアンス(RYT200)の取得を目指すことを、おすすめします。

もちろん通信講座も悪いものではありませんが、ヨガインストラクターの養成講座はあくまでも知識とスキルを得るためのものだということを忘れないようにしてくださいね。

 

ABOUT ME
ヴィオラサポートセンター
ヴィオラサポートセンター
ヴィオラトリコロール サポートセンター 大阪・本町、堺・泉北、大阪・千里中央、神戸・三宮でヨガ&ピラティススタジオと、ヨガ&ピラティスインストラクタースクールを展開している、ヴィオラトリコロールのサポートセンターです。