yoga

お家でヨガをするなら、お気に入りのマットを手に入れよう!ヨガインストラクターのオススメマットとお手入れ方法

 

お家でヨガをはじめるなら、安全に練習するために、まずヨガマットから揃えてみましょう!お気に入りの1枚があると、自然に心が高鳴って、ヨガの練習に足が向きますよ。

メーカー・素材・厚み・色・デザイン・・・様々な種類がうまれているヨガマット、実際に自分の1枚を選ぼうと思うと悩んでしまいますね。

お値段帯も様々です。「どうせ買うなら、ずっと使える良いものを買う?」「でも高いし失敗したら・・・」と悩みはつきません。

今回は、そんなお悩みを解消すべく、大阪の老舗ヨガスタジオ ヴィオラトリコロールから、人気インストラクターの皆さんに愛用マットとお手入れ方法をインタビューしてきました。

現役ヨガインストラクターの選ぶ1枚から、これからヨガを始める方にお勧めのマットまで、しっかり聞いてきましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

お家ヨガに欠かせないアイテム、それがヨガマット

ヨガの大きな魅力は、マット1枚あればどこでも練習ができること。そのため、ヨガマットは大切な練習のパートナーとなります。

まずはヨガマットについての基本を知っていただき、マット選びの参考にしていただければと思います。

もし、ヨガマットについてはすでに知っているという方は、次の「人気ヨガインストラクターが愛用するヨガマット」から読み進めてくださいね。

マットの厚さ 4mm〜6mm

一般的なヨガマットの厚みは、4mm〜6mmが多いです。ひざ立ちになった時や、シャバーサナで仰向けになった場合に心地よさを求めるのであれば、「6mm以上の厚みのあるもの」がオススメです。

6mm以上のヨガマットであれば、クッション性も高く、床の冷たさを感じることもなく快適にヨガを練習できますよ。

お家ヨガを始める場合も、おすすめの厚みになります。

マットの重さ

ヨガマットですが、厚みはもちろん素材によっても重さが変わってきます。

家とスタジオなど持ち運びを考えている方は、1キロ前後のマットにすることをお勧めします。素材としては、PVC(ポリ塩化ビニル)で作られたマットが、軽くてコスパも良いですね。
ヨガマットは丸めて筒状にして持ち運びますが、4〜6mm程度のマットであれば15センチ程度の直径となりますので、カバンに入れたり、肩掛けにして持ち運べるサイズです。

家でしか使わない場合や、アシュタンガヨガなど動きの大きいヨガを中心に練習する場合は、安定性を確保するために重量感のあるマットがお勧めです。天然ゴムで作られたマットは、グリップ力も強く耐久有性もあり、長く使えるマットを探している方にも人気です。

ただし、重量感のあるマットは、PVC(ポリ塩化ビニル)のマットに比べると、1キロ以上重い場合もありますので、持ち運びには一苦労するでしょう。

マットの匂いやアレルギー

マットの厚みや重さについてご紹介しましたが、その他にもアレルギーを持っている方や匂いに敏感な方は、マット選びの際に考慮しておきましょう。

天然成分で作られたマットには、その分アレルギー反応を起こしやすいという特徴も。ゴムアレルギーの方には、やはり天然ゴム製のヨガマットを選ぶ際は注意が必要です。

またうつ伏せになり、鼻とマットが近くことも多いため、買ったばかりでマットの匂いが気になる場合は、陰干しなどで匂いを飛ばしてから使用しましょう。

人気ヨガインストラクターが愛用するヨガマット

ヨガマットの基本をしったところで、さっそく人気ヨガインストラクターの方の愛用マットをご紹介します!

sandra 先生

sandra先生
sandra先生
私がよく使うマットは2枚あります。私が自宅で使うのはManduka Black Mat Proです。スタジオでよく使うのはYin YangのBalancing Eco Matです。

まず私が自宅で使うのはManduka Black Mat Proです。

値段が高いので、買おうと決心するまで少し時間がかかりました。
買ってから感じたことは、重さが3kg以上もあるので気軽に持ち歩けるマットではないということ。使って見ると間違いなく高品質のマットだと感じることができます。耐水性材料になっているので湿気および汗がマットにしみ込むのを防ぎます。

そのためクッション性と良いグリップを維持できます。一般的なヨガマットよりも幅が広いため、背の高い人がダウンドッグをしても手の幅に十分余裕があります。一生使うことができるマットのではと感じています。

私がスタジオでよく使うのはYin YangのBalancing Eco Matです。

マーブル調で飽きがこない独特な色味がお気に入りです。マットはリバーシブルなので気分で使い分けることもできます。そして素材がリサイクルされた天然ゴムでできているので、環境に優しいということです。

持ち運びも簡単なサイズです。

yumi Suzuki先生

yumi suzuki先生
yumi suzuki先生
ゴムロールをカットしたマットを使用してます。

10年以上前にアジア(何処かは忘れました)共同購入しました。

当時ケンハラクマさんのIYCに所属していて、アシュタンガヨガを練習する周りの人はそのようにして買ってたように思います。その頃グリップの効いたしっかりしたマットがなかったのだろうと思います。

かなり重たいので、自宅とスクールに置きマットしてます。
今までずっとこれで練習してますが、全くくたびれず最強です。

これからも幾つまで練習できるかわからないですが、大切にしたいと思ってます。

natsumi先生

natsumi先生
natsumi先生
Manduka Pro ブラックマットです。

ブラックマットはアシュタンガヨガの練習用に購入しました。

アシュタンガなどのアクティブなヨガの練習をしていると、マットが床からずれたり、なにかとこまごまとしたストレスを感じることがあったのですが、ブラックマットは安定感がほんとうに素晴らしく、そういったストレスが見事に解消されました。

適度な厚みもあるので、陰ヨガのポーズで長いホールドをしても疲れないですし、もうかれこれ4〜5年使っているのにマットがぼろぼろ削れてくることもなくとても頑丈です。

これからも大切に使います!

インタビューの結果をみると、圧倒的にManduka Pro ブラックマットの使用が多いですね!

yumi先生のゴムロールをカットしたマットのお話はとても感動します。今では当たり前のように手に入るヨガマットが手軽に購入できない時代もあったんですね。
日々の練習で同じマットを使い続ける姿も素敵だなとおもいます。

Manduka以外で使用されているインストラクターはいないか探してみました♪

姉崎志穂先生

姉崎志穂先生
姉崎志穂先生
ヨガワークス製 プラネット・サダナ4.2mmです。

私のおすすめマットは、ヨガワークスのサダナマット。

自宅では、Manduka Pro ブラックマットを使用しているものの、Manduka Pro ブラックマットは重さがあるため、持ち運びできません。
マットを持ち運びする場合は、Manduka PROLiteプラネット・サダナがおすすめです。

Manduka PROLiteはマットの幅が少し狭いため、プラネット・サダナだと幅もしっかりあり、持ち運びもしやすいですよ!

遠藤光恵先生

遠藤光恵先生
遠藤光恵先生
ヨガワークス製 プラネット・サダナ4.2mmManduka Pro ブラックマットを使っています。

私の愛用マットは2種類!Manduka Proはスタジオでのマイソールの日々の練習用に、サダナは自宅練習用に愛用しています。

これからヨガを始める人におすすめのヨガマット

これからヨガを始める人、お家ヨガからスタートしたい人に、おすすめのマットを聞いてきました!

JADE YOGA

ハーモニープロフェッショナル http://jadeyoga.jp/product/product_harmony/

natsumi先生
natsumi先生
こちらのマットはグリップ力がとにかく最高です!
アーサナがとても安定しますよ。
遠藤光恵先生
遠藤光恵先生
これから始める方であれば、JADE YOGAのマットがおすすめです。グリップ力と耐久性、天然素材であるところが気に入ってます。重さやサイズもコンパクトなので、車に積んで、出先や旅先で使用しています!

YOGA WORKS

ヨガワークス https://www.yogaworks.co.jp/

多くのヨギーに長年愛される、コスパがよく、カラーバリエーションも豊富な3.5mmマットを扱う、ヨガワークス。
ヨガマットの他に、ヨガに関するあらゆる道具を取り扱っています。

先ほど、ヨガワークス製 プラネット・サダナ4.2mmが、ヨガインストラクターの愛用マットとして紹介されていましたが、初めての方であればYOGAMAT 3.5mmもオススメ。

両面がしっかりグリップされるようになっており、スリムで持ち運びやすいです。色も豊富に選べ、初めての1本にお勧めのマットです。

お家ヨガにおすすめのマットはこれ!

ここまで、ヨガマットの基本情報から、インストラクターの愛用マット、お勧めマットをご紹介してきました。

ここで、お家ヨガにおすすめマットについて、まとめて見ましょう。
「コスパで選ぶ」「使い方で選ぶ」など、あなたの1本をぜひ見つけてくださいね♪

ブランド お勧めの人 マットの特徴 価格
Manduka Black Mat Pro

本格的にヨガを追及する方向け。

おうちで長く使いたい方。

強い衝撃にも耐えられる頑丈な作りで、十分な厚みを持つ高密度素材。吸音効果にも優れ、防音マットとしても。サイズ・重量ともに一般的なヨガマットより大きめサイズで、自宅またはスタジオの置きマットとして多く利用されています。 17,500〜
ヨガワークス製 プラネット・サダナ4.2mm
本格的にヨガを追及する方向け。

持ち運びたい方。

いつも持ち運びたい”一生もの”クオリティをテーマに、ヨガプラクティスのための使い心地・耐久性・持ち運びを考えられています。
サイズは、一般マットより長め幅広、硬めの表面は、体重で沈まず、両面がしっかりグリップ。確実にポジションを取りたいアーサナでその威力を発揮します。
13,750〜
ハーモニープロフェッショナル

ヨガ初心者、これから始める人。

持ち運びたい方。

グリップ力とクッション性のバランスが取れた人気のヨガマット。天然ゴムでできた、滑らないヨガマット。 13,000〜
ヨガワークス(Yogaworks) ヨガマットスタンダード 3.5mm
ヨガ初心者、これから始める人、気軽に購入したい方。

持ち運びたい方。

はじめの1枚、色違いの2枚目に。両面がしっかりグリップ。スリムで持ち運びやすくヨガスタイルもライフスタイルも選びません。
環境を配慮したヨガマット。
3,300〜

お気に入りにのヨガマットを長く使うお手入れ方法

愛用マットがみつかったら、大切に長く使いたいですね。

あなたのヨガパートナーとなるヨガマットを長く愛せる方法も、ヨガインストラクターに教えてもらいました。

natsumi先生
natsumi先生

そんなにこだわりのあるお手入れはしていないのですが(^^;)
オリジナルのヨガマットのクリーニングウォーターを作ることはあります。水:エタノール=2:1にお好みのアロマオイルを10滴ほど加えます。
アロマオイルはミント系が爽やかでおススメです(旦那さんに教えてもらいました

 

遠藤光恵先生
遠藤光恵先生
アロマスプレーを普段から作ってレッスンにも使っています。ヨガマットのお手入れとしても、水とエタノールに殺菌作用があって、清潔に保つアロマオイルを好みで調合して使っていますよ。

アロマスプレーは簡単につくれますので、作ってマットと一緒に置いとくといいですね♪

お家でヨガをするなら、お気に入りのマットを手に入れよう!ヨガインストラクターのオススメマットとお手入れ方法 まとめ

お家ヨガでも大活躍するヨガマットの選び方をご紹介しました。ご参考になればうれしいです。

ぜひ自分の愛用のマットを使って、日々ヨガの練習をしていきたいですね。

生きていると色々ありますが、マットの上では全て解放して本来の自分に戻って穏やかな時間を過ごしていきたいものです。

 

 

ABOUT ME
ヴィオラサポートセンター
ヴィオラサポートセンター
ヴィオラトリコロール サポートセンター 大阪・本町、堺・泉北、大阪・千里中央、神戸・三宮、天王寺・あべのでヨガ&ピラティススタジオと、ヨガ&ピラティスインストラクタースクールを展開している、ヴィオラトリコロールのサポートセンターです。