report

浅野 佑介先生 Innner Growth Yoga(ワークショップレポート)

chisa
chisa
レポーターのChisaです。
「自分にとってのヨガを説明するとき、どんな風に説明しますか?」
こんな問いかけから始まった、笑顔が素敵な浅野佑介先生のこの講座。

ヨガに関する説明に、必ずといっていいほど出てくる『心と身体を繋ぐ』という漠然とした言葉。これをもっと自分なりにかみ砕き、自分のヨガ、自分にとってのヨガを明確にしていく。特に、アーサナを通して、自分の個性を知るということにフォーカスしていきます。

Innnerは、インナーマッスルのインナーだと思い込んでいた私は、身体ではなく、心のインナーだったのか!と出鼻から少し驚きました。
この講座は、難易度の高いポーズを練習していきたい中級の方向けの内容になっています。

クラスのはじめに、輪になって座り、全員の自己紹介。
その中で、参加者全員の【いまステップアップしたいこと】のシェアが行われました。ヨガに関することや、それ以外の日常生活に関すること、苦手なアームスタンドを頑張りたい、ライフワークバランスとヨガの時間のバランスをしっかりとりたい、など多種多様な悩みの共有をしました。

言葉にして、アウトプットすることで、課題を明確にすることは意外と簡単にできることですが、そういうことができる場は貴重ですね。

それぞれに、いまの想いを明確にしたところで動いていきます。

オープンハート・バックベンド、ツイストが中心のフローワークでしっかりと整えます。 ダウンドックひとつとっても、自分に合った手の位置、足の位置をしっかり確認しながら行います。

身体が十分温まったところで、ペアで難易度の高いウルドゥヴァ・ダヌラアーサナ(ウィールポーズ、ブリッジ)にチャレンジしていきます。この代表的なハートオープンのポーズをすることによって、胸を開き、心の制限を取っていきます。

心を軽くしたところで、ピンチャマユラアーサナなど、難易度の高いポーズへの挑戦が続きます。同じようにフローワークのあとに、ペアで練習します。

今回の講座参加者のなかで、はじめてピンチャマユラアーサナにチャレンジした方が約半数。ほとんどの方が、ペアワークで脚を上にあげるところまでできていたようでした。

浅野 佑介先生
浅野 佑介先生
ただやみくもにポーズを行うのではなく、「自分の身体の特性・個性を意識しながら、そして楽しみながら行いましょう。」

私自身も、日本人に多い、がんばってしまうタイプ。楽しむことができないために、挫折から前に進めないという方は多いはず。
講座内でペアワークをすることで、手の位置、足の位置などをお互いに確認し合うことができるうえ、挑戦することへの不安も和らぎます。

浅野 佑介先生
浅野 佑介先生
ヨガには不安や恐怖という影の部分と、喜び、楽しみなど光の部分がありますよね。その中で、光に意識を向けていく、勇気を持って殻を破り、喜びを味わおうとしていくといいと思います。

クラスの最後には、「本当の自分は何をしたいのか、どうなりたいのか。ハートに意識を向けてみましょう。」
こんな問いかけがありました。

アーサナを積み重ね、自分自身に問い続けることで、それぞれのヨガが見えてくる。そんなことを確信できる講座でした。

最後に、受講生の声をお聞きしました

chisa
chisa
ヴィオラの養成講座の卒業生ですか?
受講生
受講生
いいえ
chisa
chisa
インストラクターですか?
受講生
受講生
はい
chisa
chisa
浅野先生の講座は受講されたことがありますか
受講生
受講生
はい(2回目)
chisa
chisa
参加の動機は?
受講生
受講生
以前浅野先生の講座を受けてとても良かったので、また受けたいと思いました
chisa
chisa
講座で一番印象に残ったことは?
受講生
受講生
一緒に講座を受けた後輩はピンチャマユラアーサナが苦手だったのですが、今日はできていて驚きました。

次回もお楽しみに♪

 

ABOUT ME
ヨガインストラクターChisa
ヨガインストラクターChisa
ヨガインストラクター歴3年。 お花と猫とアロマが好き。講座の雰囲気や情景が浮かぶ文章を書くことを心がけています。