ねじりのポーズ | マタニティヨガポーズ(アーサナ)集

ねじりのポーズ | マタニティヨガポーズ(アーサナ)集

torsionalpose_1

1.正座になります。

後ろ足先重ねないようにそろえます。

尾骨を下に向け恥骨に引きつけるように骨盤を立てます。

頭頂を高く上に引き上げ背骨を長く保ちます。

お腹に手を当てて赤ちゃんの様子を感じるように体を意識しながら呼吸しましょう。



torsionalpose_2

2.右側後方にブロックを置きます。
左手を右膝(もしくは膝の間)に置きます。

一息吐いて、吸いながら、骨盤を立て胸全体を引き上げながら、
お腹はそのまま前に向けて胸を右側に向けるようにしてねじります。

アゴを右肩に近づけて、そのまま数呼吸保ちます。

お腹のスペースを長く保ちましょう。

吸いながら顔を前に戻し、吐きながら体全体を前に戻します。


お腹に手を当てて赤ちゃんの様子を感じながら余韻を楽しみます。


torsionalpose_3

3.同様な形で、後期の方などお腹が大きくて左手が膝に届きにくい場合は、左手を右肩にのせて行います。



この場合、胸が縮まり猫背にならないようにしましょう。


効果

正座(ヨガではヴァジュラーサナといいます)で座ることにより、骨盤がしっかり立ち、背骨を伸ばしやすくなります。

出来るだけ背骨を伸ばしお腹を長く保ち胸を引き上げることによって内臓のスペースをつくります。

その上で胸から体を捻ることによって内臓の働きを活発にさせることができ、胃もたれ、便秘などの不調に働きかけを行えます。

ねじりの動きは体に活力を与えます。加えて心身のリラックスを促せます。

お腹から強くねじらないように気をつけて行ってください。