インストラクター養成コースのよくある質問

インストラクター養成コースのよくある質問
Q1:ヨガ・ピラティスの経験がほとんどないのですが、参加できますか?
Q2:全米ヨガアライアンスの資格を取得できますか?
Q3:ヨガ/ピラティスの基礎を学びたい、深めたいと思っていますがインストラクターを目指されている方しか受講することはできませんか?
Q4:コース内ではどのような授業をしていますか?
Q5:年齢制限はありますか?
Q6:受講期間はどれくらいですか?
Q7:資格の更新はありますか?
Q8:男性でも参加できますか?
Q9:各コースの授業風景は見学はできますか?
Q10:他のスクールなどで受講したヨガアライアンス認定講座の時間数はカウントできますか?
Q11:コースに通う以外に、やらないといけないことはありますか?
Q12:コース受講料のお支払い方法は?
Q13:受講料以外で必要になる費用はありますか?
Q14:色々スクールがあり迷います。何を基準に選べば良いのでしょうか?
Q15:1クラス何名ぐらいで学ぶのでしょうか?
Q16:3日間の短期コース終了でインストラクターになれますか?
Q17:卒業試験とかありますか?
Q18:卒業したら、就職はできますか?
Q19:卒業後のフォローはありますか?
Q20:卒業後の勉強会、研修制度はありますか?

お申し込み手続きについてのQ&A

Q1:お申し込みの流れは?
Q2:エントリーシートの入手方法は?
Q3:お支払方法は?
Q4:受講料の振込先は?
Q5:当日準備するものは?
Q6:最少遂行人数に達しなかった場合はどうなるの?

ヨガインストラクター養成講座のQ&A

インストラクターになりたくて、養成コースを探していますが、たくさんありすぎてなかなか決められないのですが」...など、お問合せが多かった内容をピックアップしました。


Q1:どうすればヨガがうまくなれますか?
Q2:ヨガとか全くしたことがありませんが、インストラクターの資格取得を検討しています。
私でもインストラクターになれますか?

Q3:ホームワークはどのような内容ですか?
Q4:どうしても無理な日があるのですが、振り替え受講は可能ですか?
Q5:ヨガにはいろいろな流派がありますが、このコースではどんな流派が学べますか?
Q6:全米ヨガアライアンス認定資格を取得できるとありますが、どのような取得条件でしょうか?
Q7:インストラクターになりたくて、スクール探しをしています。 たくさんありすぎて、なかなか決められないのですが・・・
Q8:他校との違いはどのようなところですか?
Q9:活躍中の講師の本音が聞きたい!!
Q10:男性でも入学できますか?
Q11:50代ですが、受講できますか?
Q12:海外でインストラクターの仕事をしたいのですが。
Q13:住まいが遠方なのですが、通学は可能ですか?

ピラティスインストラクター養成講座のQ&A

「ピラティスの資格を取得してからどんな活躍が出来ますか?」

「FTP認定資格の更新は?」...など、お問合せが多かった内容をピックアップしました。

Q1:初心者でも受講できますか?
Q2:インストラクターになりたいというわけでもないのですが、受講可能ですか?
Q3:FTPの認定(資格)を得るために試験はありますか?
Q4:試験に不合格になった場合はどうなりますか?
Q5:どうしても無理な日があるのですが、振り替え受講は可能ですか?
Q6:他の団体との違いはどのようなところですか?
Q7:活躍中の講師の本音が聞きたい!!
Q8:海外でも指導できますか?
Q9:FTP認定の継続について

卒業後の進路についてのQ&A

Q1:卒業後の進路は?
Q2:お仕事の斡旋・登録制度について
Q3:登録講師の実績は?
Q4:オーディションの内容、応募はどうやって?
Q5:スタジオでアシスタントとして経験を積むことは出来ますか?

Q1:ヨガ・ピラティスの経験がほとんどないのですが、参加できますか?

弊社では、未経験の方から経験者の方まで多くの方が各インストラクターコースに参加頂いております。 テキストを含め、未経験の方にもわかりやすく学んでいただけるような様々な工夫がございますので安心してご参加下さいませ。 また、ヨガ・ピラティスインストラクターコースには、一般レッスン用チケットも特典としてついていますので、同時進行で一般レッスンを受講することで、『ヨガ・ピラティスの良さ』を知っていただき、インストラクターとして活躍する際に、役立てていただいております。 講師以外に、アシスタント(コース卒業生)もコース内にはいますので、経験者の話を聞くことも可能ですし、講師・アシスタントが、一人一人丁寧に指導していきます。 なお、不安な方に関しては、無料説明会にご参加頂くことをお勧め致します。
※アシスタントがいないコースもございます。

Q2:全米ヨガアライアンスの資格を取得できますか??

ヨガベーシックインストラクターコース、ヨガアドバンスインストラクターコースの2コースをご受講頂くことで全米ヨガアライアンス200時間の取得を目指していただくことが可能です。

Q3:ヨガ/ピラティスの基礎を学びたい、深めたいと思っていますがインストラクターを目指されている方しか受講することはできませんか?

ご自身のヨガやピラティスを深めたい方にももちろんご参加いただけます。

◆ヨガ
講座内では、アーサナ、呼吸法、解剖学、指導方法など、一つ一つのポーズを、講義やグループワークを交えながら、丁寧に学ぶことができ、基礎からしっかり学べる点から、初心者のかたや学び目的の方も多くご参加いただいています。
また、ヨガのポーズを練習するだけでなく、ヨガの哲学やアーユルヴェーダ等について学びたいという方にもオススメです。

◆ピラティス
ピラティスの歴史、エクササイズの基礎や、呼吸の基礎、解剖学、指導方法や実習などを学ぶことが出来ます。
インストラクターを目指していない方でも、ピラティスエクササイズの基礎を細かく学ぶことによって、ピラティスを深めることができます。

他にも、自分のスポーツや競技にヨガやピラティスを活かしたい方、理学療法士など、医療関係の方も多く受講されております。

Q4:コース内ではどのような授業をしていますか?

◆ヨガ
アーサナ(ポーズ)の正しい姿勢、ポジションや指導法はもちろん、解剖学や哲学、アーユルヴェーダまでお勉強していただけます。インストラクターとして必要な知識はもちろんですが、ご自身のヨガの練習にも役立つ内容が多く含まれております。

◆ピラティス
ピラティスの正しいエクササイズや指導法、姿勢分析、解剖生理学(身体の仕組み)などもお勉強していただきます。プロのダンサーや理学療法士など、色々な方がご受講頂く講座になっております。

【コース内を見学してみたいという方は、お気軽に見学会(オープンスクール)へご参加ください♪】
ヨガインストラクター資格コース 見学会ページへ
ピラティスインストラクター資格コース 見学会ページへ

Q5:年齢制限はありますか?

年齢制限はございません。
60代の方がご参加いただいたこともございます。
平均して30代、40代の方が多いですが、実際に50代、60代の方がご受講され、その後インストラクターとして、ご活躍されている方もいらっしゃいますので年齢などは、気にせずに楽しく学んでいただければと思います。

Q6:受講期間はどれくらいですか?

◇短期コース
3日~5日間の短期集中で資格取得が可能です。
1日集中講座、3日~5日間(20時間~30時間)の短期集中講座もございます。
※各コースの開催日程をご確認下さい。

◆ヨガ
ヨガベーシックインストラクターコース:最短で2ヵ月強。最長で4ヵ月のコースがございます。※ご自身のライフスタイルや学びのペースに合わせてコースを選択できます。
ヨガアドバンスインストラクターコース:最短で4ヵ月。最長で1年のコースがございます。
全米ヨガアライアンス200時間取得を1ヶ月半で取得できる短期集中講座もございます。

◆ピラティス
ピラティスベーシックインストラクターコース:最短で1ヵ月半。最長で3ヵ月のコースがございます。
※ご自身のライフスタイルや学びのペースに合わせてコースを選択できます。
※すべてのコースで振替が可能となっておりますので、ご自身のペースでお勉強されることをお勧め致します。

Q7:資格の更新はありますか?

全米ヨガアライアンス更新について:
初回申請料金:$50 年間登録料:$65 ※初期登録時:$115
1年に1回の更新となり、更新料金: $65が必要となります。(料金単位:アメリカドル)

FTP認定ピラティス資格の更新について:
認定を受けた日から1年間の間に、ブラッシュアップセミナーで取得したポイント合計が6ポイントで認定継続となります。
ブラッシュアップセミナー1時間で2ポイント、3時間のセミナー(費用:8,000円前後)で6ポイント取得可能です。
また、「資格継続」のためには別途・資格継続費10,000円(年)が必要となります。

Q8:男性でも参加できますか?

リンパマッサージコース以外は、男性の方も各コースにご参加いただけます。

Q9:各コースの授業風景は見学はできますか?

ヨガ、ピラティスインストラクターコースの見学会を開催しております。
見学会のお申し込みはこちら

短期コースについては、随時、無料説明会を行っておりますので、お気軽にご参加いただき、疑問点などクリアにしていただけます。

Q10:他のスクールなどで受講したヨガアライアンス認定講座の時間数はカウントできますか?

全米ヨガアライアンス200時間に関しては、他のスクールとの併用は不可となっております。
全米ヨガアライアンス500時間に関しては、他校で全米ヨガアライアンス200時間を取得後、1つのスクール(当スクールのみ)で300時間の指定認定講座を受講することが資格取得の条件とされております。


Q11:コースに通う以外に、やらないといけないことはありますか?

ヨガベーシックおよび、アドバンスインストラクターコースに関しては、課題提出(レポート作成)がございます。
また、ヨガアドバンスコースでは、卒業までに一般レッスンを規定回数受講頂く必要がございます。
ピラティスベーシックおよび、ベーシックプラスインストラクターコースに関しては、宿題や一般レッスン受講の必要はございませんが、一般レッスンのチケットをプレゼントしておりますので、ぜひ、コース参加前、参加後問わず、ご受講いただき、ご自身のエクササイズを高めていただければと思います。
短期コースにおいては、講座により約2時間ほどのレポートが必要となります。
※詳しくは、サポートセンターまでお問合せ下さいませ。(06-6262-5852)

Q12:コース受講料のお支払い方法は?

各講座、スタジオにて現金または、クレジットカード(VISAまたはMASTER)でのお支払いをお願いしております。
遠方にお住まいの方やお仕事が忙しく、中々スタジオにご来店が難しい方に関しては、お振込みでも対応しております。
その他、分割(オリエントコーポレーション)などもご利用いただけますので、お気軽にサポートセンターまでご相談下さい。

Q13:受講料以外で必要になる費用はありますか?

基本、入会金、テキスト代、資格認定費用等、全て含まれた料金となっております。
※ヨガアドバンスコースのみ、副読本として「ヨーガスートラ」をお客様自身でのご用意をお願いしております。


Q14:色々スクールがあり迷います。何を基準に選べば良いのでしょうか?

ヨガ・ピラティス共に、数多くのスクールが存在しておりますので、判断するのが難しくなっていると思います。
ホームページや資料を見ただけで判断せず、実際の一般レッスンやコース説明会に参加されることをお勧めします。

特に説明会では、スクールや講師の雰囲気、学べる内容の詳細を確認することができるので、気になるスクールの説明会や体験会に参加し直接対話することで、自分が求めているものも明確になると思いますよ。
説明会にご参加いただく事が第1歩です。
説明会・体験会へのお申し込みはこちら

Q15:1クラス何名ぐらいで学ぶのでしょうか?

コースによって異なりますが、およそ6名~15名のグループレッスンで学んでいただきます。
少人数、多人数それぞれのメリットがございます。
人数が多いと、色々な方の身体に触れながら実戦の指導経験を多く得られるメリットがあり、少人数だと先生との距離感が近く、1人1人への行き届いた指導を受けれるなど、インストラクターとして活動する際に役立つこともございます。
※開催の時期によってもばらつきがございますので、事前にご希望のコースの参加人数をサポートセンターまでお問合せ下さいませ。(06-6262-5852)

Q16:3日間の短期コース終了でインストラクターになれますか?

当スクールでは、沢山の種類の短期コースを行っております。
例えば、マタニティヨガインストラクターコースや、キッズヨガインストラクターコース、シニアヨガインストラクターコースご卒業の方には、助産師様、保育士様、ディサービスや老人ホームで働いている方も多くいらっしゃいます。
上記の方々は、3日間の短期コース終了後、産婦人科や老人ホームでヨガやピラティスを指導されている方が多いです。
ただし、一般のお客様に指導する場合は、ヨガインストラクターとしての基本を学ぶヨガベーシックインストラクターコースからご受講されることをお勧め致します。

Q17:卒業試験とかありますか?

各短期コースに関しては、合否を判断するような試験はございません。
ヨガ・ピラティスベーシック、アドバンスインストラクターコースに関しては、実技試験・筆記試験がございますが、全ての講義をご受講頂き、宿題の提出や一般レッスンに通いながらお勉強していただく事で、合格いただけるような内容となっております。
万が一、合格ラインに達さなかった場合は、再試験を受けることができますのでご安心ください。
※ティーチングコースには合否を判断する試験があります。


Q18:卒業したら、就職はできますか?

ヨガ・ピラティスのインストラクターはフリーランスで活動されている方が殆どです。
ご希望の方には、カルチャースクールや出張など、お仕事のご紹介も可能です。
お仕事は1レッスンあたりのフィーが発生する業務委託のお仕事になります。
ただし、弊社のオーディションを受けていただき、インストラクターの実技レベルチェックをさせていただきます。

Q19:卒業後のフォローはありますか?

ヨガ・ピラティスベーシックインストラクターコース卒業生の方向けに、それぞれ毎月無料の勉強会を開催しております。
また、ヨガ、ピラティスのお仕事の紹介も行っており、登録講師としてカルチャーセンターや企業様への出張、もちろん弊社スタジオでのレッスン担当等もお願いしていきます。
お仕事は1レッスンあたりのフィーが発生する業務委託のお仕事になります。

(登録までの流れ)
当スクールのオーディションを受けていただき合格すれば、登録講師として、弊社にて登録させていただきます。
登録された方は、サポートセンターで個人情報を管理させていただき、フィットネスや個人オーナー様よりヴィオラトリコロールにお仕事の依頼が入れば随時、登録者にお仕事を紹介させていただくほか、弊社スタジオの一般レッスンの担当、代行、イベントなどへの派遣もお願いしています。
その他、独立開業を目指す方向けに、経験豊富なサポートセンタースタッフが、無料で独立開業に向けてのアドバイス等をさせていただいており、物販(ヨガマットやブロック等の備品)なども割引にてご購入いただけるようになっております。

Q20:卒業後の勉強会、研修制度はありますか?

ヨガ・ピラティスベーシックインストラクターコース卒業生の方向けに、毎月ヨガは最低2回、ピラティスは最低1回の無料勉強会を開催しております。
インストラクターとして活躍するために、常に『学び続ける』必要があります。
アーサナやエクササイズの見直し、指導法、道具の使い方や解剖学など、毎月インストラクターに必要な勉強会を開催していますので、卒業後の学びに役立てていただけると思います。

また、研修制度として、ご自身が卒業したコースのアシスタントとしてご参加頂くことで、改めてコースを学び直す機会にもなります。
※ご希望の方は、サポートセンターまでお問合せ下さいませ。(06-6262-5852)

お申し込み手続きについてのQ&A

Q1:お申し込みの流れは?

ヨガ(ベーシック・アドバンス)、ピラティス(ベーシック・ベーシックプラス)、短期集中コース(キッズヨガ、マタニティヨガ、シニアヨガ、リンパマッサージ等)からご希望のコースを選択してください。
コースが決まれば、エントリーシートに必要項目をご記入頂きご提出をお願いします。エントリーシート提出をもちまして「お申し込みが仮予約」となります。
エントリシートの提出後、お支払いのご案内メールが届きますので、お支払をしていただく事で、本予約へ切り替わります。 その後、コース当日にお持ちいただきたい物や会場のご案内を郵送にてお送りいたします。

Q2:エントリーシートの入手方法は?

エントリーシートは、資料(スクールパンフレット)に同封しておりますが、WEBエントリーフォームからもご応募していただけます。

WEBからのお申し込みはこちら


Q3:お支払い方法は?

ヨガ・ピラティストレーニングコースをお申し込みの場合は、頭金30,000円の入金のもちまして、「お申し込みが本予約」となります。
※頭金と残金を一括にてお支払いただいても結構です。

頭金は、エントリーシート提出後、1週間以内にご入金をお願い致します。また、ご入金の確認が取れない場合、キャンセル扱いとなる場合がありますのでご注意下さい。
受講料から頭金を差し引いた残金につきましては、エントリーシート提出後、1ヵ月以内にご入金をお願いします。
※エントリーシート提出後、1ヵ月以内にコース初日がくる場合は、コース開始前日までに残金のお支払いをお願い致します。

お支払方法は、指定口座へのお振込のほか、クレジットカード(VISA/MASTERのみ)、教育ローン(分割3~60回・ボーナス払いも可)による支払いも可能です。(回数や手数料等の詳細につきましてはお問合せ下さい。)
※短期集中コース(キッズヨガ、マタニティヨガ、シニアヨガ、産後ヨガ、リンパマッサージ、アロマテラピー、プライベートセッションセミナー等)をお申し込みの場合は、エントリーシート提出後、1週間以内に受講料全額のご入金をお願い致します。
※頭金または、コース受講料納付後に、スクール事務局より当日のご案内をご送付させていただきます。
※ご入金後のキャンセルにつきましては、キャンセル規定をあらかじめご確認ください。

Q4:受講料の振込先は?

三井住友銀行 難波支店 口座番号8032530 株式会社アースシステム
までお振込みくださいませ。
また、お手数ではございますが、ご入金確認をスムーズに行なうため、お振込みの際にお名前の後に講座開催日(スタート日)をご記入下さいませ。
(例:「ヤマダハナコ 9.15」)


Q5:当日準備するものは?

当日ご持参いただくものは、ウエアー(動きやすい服装)、汗拭きタオル、筆記用具、ノート、デジタルカメラ(希望者のみ)をご用意ください。(ヨガマットはレンタル無料です。)
※ヨガ(ベーシック、キッズ、シニア、マタニティ、産後ヨガ)コースは、ボイスレコーダーの使用が許可されていますので、希望者のみご持参下さい。
※マタニティヨガコースは、お腹に詰め物をしてクラスを進めますのでウエアーは、「ゆったりとしたTシャツ」などをご持参下さいませ。
※リンパマッサージコースは、バスタオル、ハンドタオル、マッサージを行ないますのでウエアーは、「なるべくデコルテが開いたもの」をご持参下さいませ。

Q6:最少遂行人数に達しなかった場合はどうなるの?

各コースの最少遂行人数に達しなかった場合は、コースが延期または中止となる場合がございます。
※中止または延期につては、コース開始日の1週間前に決定しお客様へご連絡をさせていただきます。
※受講料のお支払い後の延期または中止の決定によりコースへご参加が出来ない場合は、納付いただきました受講料は全額ご返金させていただきます。

ヨガインストラクター養成講座のQ&A

Q1:どうすればヨガがうまくなれますか?

一番は「ヨガが好きでいられる環境」に身を置いて下さい。 好きだと興味が沸きますし覚えたテクニックをどんどん試したくなります。
また、スクールでは「ヨガ好きな人」ばかりなので気持ちは高まります。
そうすれば、難しいテクニックもすーっと頭に入りますし、上達も早いです。

Q2:ヨガとか全くしたことがありませんが、インストラクターの資格取得を検討しています。私でもインストラクターになれますか?

まずは、「やってみたい」「学びたい」という気持ちが大切です。
ヨガ未経験~初心者の方も、まずはお気軽にお問合せいただくか「無料説明会」にてご相談くださいませ。
コースを卒業後すぐにインストラクターとして活躍できるかは個人差がありますが、インストラクターとして必要な知識や心構え、クラスのプログラムを学びますので、あなたの頑張り次第で指導は可能です。
卒業生にはスタジオを無料で開放しておりますので、無料スタジオ解放を利用して、学んだ内容を繰り返し練習することをお勧め致します。
人前での指導経験がない場合は、経験をつむ為にご家族や知人に練習生となっていただき準備をするのも1つの方法です。
当校では、コース終了後のアフターフォローも充実しています。 そして、卒業生対象に随時オーディションを開催しておりますので、合格者には当校や提携スタジオのクラスを担当していただくことも可能です。
先生への道は、自分を信じて日々向上心を持って練習に励む。 これに尽きると思います。
ヨガ未経験~初心者の方も、まずはお気軽にお問合せいただくか「無料説明会」にてご相談くださいませ。

Q3:ホームワークはどのような内容ですか?

ホームワークの内容は、毎回の授業内容をまとめてレポートを提出いただきます。もちろんテキストには写真や注意点などが記載されていますが、 提出いただいたレポートは講師が全て目を通し確認いたします。そうする事で間違いがない確かなスキルが身につきます。
また、そのレポートの積み重ね、卒業時に「きちんと先生がチェックした自身のオリジナル指導マニュアル」を完成させるのが目的です。

Q4:どうしても無理な日があるのですが、振り替え受講は可能ですか?

振り替えは可能です。
振替をご希望の場合、別日程のコースで振替に当たる講座にご参加ください。
(例:第3期コースの講座③を休んだ場合、第4期コースの講座③に参加する。)
やむ終えない遅刻・早退・欠席は認めています。但し、終了証は全日程終了時にお渡しさせて頂きますので、振り替え受講後にお渡しとなります。
詳しくは、担当スタッフまでお気軽にご相談下さいませ。

Q5:ヨガにはいろいろな流派がありますが、このコースではどんな流派が学べますか?

ベーシックコースでは、ハタヨガの基本アサナを学んでいただきます。 ハタヨガとは、呼吸法を行いながらカラダを動かすヨガの総称で、全国でもポピュラーなヨガの流派の1つです。
アドバンスコースでは、少し難易度の高いハタヨガのアサナと、呼吸と動きを連動させてアサナを行なうヴィンヤサヨガの流派も学んでいただきます。
ちなみに、各コースの目標設定は、ベーシックコースでは、初心者の方を対象にしたハタヨガのクラスの指導、 また、アドバンスコースでは、中級者を対象に90分のハタヨガ~運動量の多いヴィンヤサヨガクラスの指導スキル習得を目指します。

Q6:全米ヨガアライアンス認定資格を取得できるとありますが、どのような取得条件でしょうか?

「全米ヨガアライアンス認定200時間資格」
ヴィオラトリコロールのヨガインストラクター養成ベーシックコースとアドバンスコースを受講し、一般クラスに参加(75分*24回)することで、全米ヨガアライアンス認定(RYT200)の資格取得が可能です。ご自分のペースでベーシック→アドバンスとステップアップさせながら、全米ヨガアライアンスの資格習得を目指していただけるのも当校の特徴の1つです。
「全米ヨガアライアンス認定500時間資格」
すでにRYT200時間の資格を取得されている方は「170時間の必須科目」+「130時間の選択科目」=300時間のカリキュラムをご受講後、最低100時間のティーチング経験を積むことで、全米ヨガアライアンス認定(RYT500)資格を取得することが出来ます。
※必須科目及び選択科目の内訳については、RYT500コースのカリキュラム一覧をご確認ください。
●全米ヨガアライアンスの登録について
条件を満たした時点で、希望者は全米ヨガアライアンス認定インストラクター「RYT(Registered Yoga Teacher)」としての登録が可能となります。また、登録することでヨガアライアンス協会のホームページに情報が掲載されます。 登録手続きは各自で行っていただきますが、コース受講中に登録の方法をご説明させていただきます。

Q7:インストラクターになりたくて、スクール探しをしています。
たくさんありすぎて、なかなか決められないのですが・・・

実際に受講を決意された方の声としては、
●幅広くヨガの知識や技術を学べそう
●スクールで実際に受けて感動した
●講師が魅力的だったから
●全米ヨガアライアンス認定資格を取得したかったから 体験会では、カリキュラムの「新しさ」「新鮮」という声をたくさん頂きました。みなさん、ご自宅やフィットネス、スタジオなどで、少しはヨガを経験していた方にお集まりいただいたのですが、 現代社会・現代人の体系・ライフスタイルの変化や解剖学の発展により、「ベーシックな手法をおさえつつ、より安全に、より効果的に」と「進化」していることを体感され、「なるほど、こうすれば」 「このやり方だと無理なくできる」など、「教え方」にとても魅力を感じて頂いたようです。
他には、『直感で!』『今しかない!』といった理由も意外に多いです(笑)。
スクール選びでは、立地や交通の便、学費、日時に重要視してしまいがちですが、大切な事は「しっかり身に付くか」「長くインストラクターとして活躍できる技術か」といった、中身の部分だと思います。
ヨガをどれだけ修得できるかは個人差がありますが「ヨガの基本をどれだけ体得できるか」はスクール・講師の質によって大きく変わります。その点においても、当校で活躍中の個性あふれ暖かくて教え上手な現役インストラクターが担当していますのでご安心ください。
『基本』からしっかり指導していくと共に、ただ教えるのではなく「伝える」という事も重要視しており『実践的な指導技術』を修得できます。
コース参加の検討材料として、説明会や体験会、実際のクラスを体験し直接感じていただいたり、担当者や講師に相談してみてください。
不安なことも意外とスッキリ解決すると思いますよ。

Q8:他校との違いはどのようなところですか?

卒業生向けに毎月無料で開催している復習会・スキルアップセミナー、スタジオの無料レンタル、自分で教室を開業したいという方への開業支援、 フィットネスクラブや専門スタジオで仕事をするのに必要不可欠なオーディションについての心得など、コースが終われば終了ではなく、卒業後のアフターフォローが充実しています。

Q9:活躍中の講師の本音が聞きたい!!

ーーー人気の業界といいますが、仕事は肉体労働なので(笑)正直レッスンが続くとつらいですね。
でも、そんな時に限って「ありがとう、楽になったわ」の一声を頂けるんですよ。 一気に疲れが吹っ飛んで、気持ちが高まります。「その声が聞きたかった~」って感じですね(笑)
やりがいのある仕事ってこれだなと思っています。自分の頑張り次第で無限大に成長できますから。

Q10:男性でも入学できますか?

男性の方もご受講可能です。男性には男性の、女性には女性の『特徴』がヨガにも現れます。それぞれの持ち味を活かせれば素晴らしいレッスンができます。 『男性の力強さがいい』など、男性を希望する生徒も多くいらっしゃいますよ。
当校でも、男性講師が活躍していますので、ご安心下さい。

Q11:50代ですが、受講できますか?

問題なくご受講頂けます。ヨガの資格取得を検討される方で、アロマやネール、鍼灸、接骨、マッサージ等と比較検討されますが、ヨガは「年齢」に関係なく指導出来る点から受講を決意される方が多いです。

Q12:海外でインストラクターの仕事をしたいのですが。

全米ヨガアライアンスという資格は世界共通の資格ですので、海外でも通用致します。今後、資格取得や海外での活動も視野に入れているのであれば、全米ヨガアライアンス資格取得をお勧め致します。
ちなみに「ヨガの技術を使って世界の旅」なんてのも、一度はやってみたいものですね(笑)。

Q13:住まいが遠方なのですが、通学は可能ですか?

遠方の方も、なるべく負担のないようにサポート致します。 通学する方法と、マンションやホテルで滞在する方法を一緒に検討しています。

ピラティスインストラクター養成講座のQ&A

Q1:初心者でも受講できますか?

ピラティス未経験でも受講ができますが、インストラクターとして活動希望される方は、養成コース前、またはコース中にスタジオにてレッスンを受講することをおすすめします。
※経験が浅くても学びたい向上心のある方は、お気軽にご相談下さい。

Q2:インストラクターになりたいというわけでもないのですが、受講可能ですか?

「趣味で始めたけど、もっと深くピラティスの事を知りたい」というように自分のために資格取得を目指している方も多くいます。
また、既にピラティスをしているが、いまいちわかりにくいところがあるから、基礎からしっかり学びたいと思い、インストラクターコースを受講される方もいらっしゃいます。
身体の正しい使い方を知ることで、お友達やご家族の健康サポートにもうってつけですよ!!

Q3:FTPの認定(資格)を得るために試験はありますか?

最後に、筆記と実技試験がありますが、合格率は高いのでご安心下さい。また、コース中に不安な方は、通常クラスやプライベートレッスン(別途)で補っていただけます。

Q4:試験に不合格になった場合はどうなりますか?

不合格になった場合は、後日再試験をさせて頂きます。再試験に合格することで資格を取得していただけますので、ご安心下さい。
費用は筆記/実技ともに各15,000円(税込16,200円)が必要となります。

Q5:どうしても無理な日があるのですが、振り替え受講は可能ですか?

振り替えは可能です。
振替をご希望の場合、別日程のコースで振替に当たる講座にご参加ください。
(例:第3期コースの講座③を休んだ場合、第4期コースの講座③に参加する。)
やむ終えない遅刻・早退・欠席は認めています。但し、終了証は全日程終了時にお渡しさせて頂きますので、振り替え受講後にお渡しとなります。

Q6:他の団体との違いはどのようなところですか?

まずは、ピラティスの歴史について少し触れます。

"10レッスンで気分が良くなり、20レッスンで見た目が良くなり、30レッスンで完全に新しい身体になります"-Joseph Pilates
ピラティスはドイツ人ジョセフ・ピラティス氏によって考案され、第1次世界大戦中、リハビリテーションとコンディショニングの目的で始められました。 身体の内側に意識を集中させ、全身をバランスよく動かしながら、身体の筋肉を鍛えゆがみのない柔軟性のあるしなやかな身体を目指します。
ピラティス氏の一番のお弟子さんたちがいくつかの団体を立ち上げましたので、どの団体においても元は同じですが、それぞれフォーカスするポイントなどが異なります。

FTPは、ザ・ピラティス・メソッド・アライアンスR(The Pilates Method AllianceR)(PMA)公認のトレーニング団体であり、国際的にも認められていますので、海外でも通用する資格といえます。
1991年にイギリス・ロンドンでイギリス開発されたフィットネス教育組織であり、創立者のフィル・アーニーは現在、アメリカで多くの大手フィットネスクラブでプログラム開発にあたっています。
ピラティスコースディレクターのアニーカ・カールソンはピラティス直弟子のロマーナ・クリザノウスカの孫弟子にあたります。現在はアメリカのリハビリ機器の大手で、ピラティスプログラム開発にあたっています。 また、FTP 代表であるフィル・アーニーは、アメリカでフィットネスインストラクターとして活躍するJulian Arneyと結婚後、現在はアメリカ・サンフランシスコに在住。そのため、現在イギリスではFTPとしての実質的な活動はされておらず、すべては「Lifetime Health and Fitness」にゆだねられている。

その、フィル・アーニーとアニーカ・カールソンが10回以上来日し日本のインストラクター仕様に手直しをし、伝統的でありながら且つ指導しやすくアレンジされているのがFTPピラティスです。 また、グループレッスンを指導しやすいように考えた構成、動きのバリエーションも特徴です。

エクササイズ産業が成熟している現在、体幹部を安定させるという強固なセンターこそが、身体の発展と改善のための基盤となることが認識されつつあります。
FTPピラティスはジョセフ・ピラティス氏の伝統を引き継ぎながら約80年かけて進化してきたエクササイズの数々を提供します。

Q7:活躍中の講師の本音が聞きたい!!

(「只今取材中!! 近日公開します。」)

Q8:海外でも指導できますか?

FTPは、ザ・ピラティス・メソッド・アライアンスR(The Pilates Method AllianceR)(PMA)公認のトレーニング団体であり、国際的にも認められていますので、海外でも通用する資格といえます

Q9:FTP認定の継続について

認定を受けた日から1年間の間に、ブラッシュアップセミナーで取得したポイント合計が6ポイントで認定継続となります。ブラッシュアップセミナー1時間で2ポイント、3時間のセミナー(費用:8,000円前後)で6ポイント取得可能です。
また、「資格継続」のためには別途・資格継続費10,500円(年)が必要となります。

卒業後の進路についてのQ&A

Q1:卒業後の進路は?

ヨガのインストラクターの多くは、フリーランスで活動されています。
ご自身でオーディションに行き、Aというスタジオで1クラス、ご自身で場所を借りて2クラス、Bスタジオで2本と、ライフスタイルや希望収入に応じて活動されています。
また、ご自身でプチ開業(ご自宅の1室やカルチャーセンターでの指導、各コミュニティー)で指導を始めた方は10~15%いらっしゃいます。
ヨガやピラティスを教えるのに、最低ヨガマット一枚のスペースがあればどこでもできるという気軽さも人気の1つです。

Q2:お仕事の紹介・登録制度について

サポートセンターでは、ヨガ・ピラティスのお仕事を紹介しております。1レッスンあたりのフィーが発生する業務委託のお仕事になります。
お仕事を希望される方は、当スクールのオーディションを受けていただき合格すれば登録できます。
登録された方は、サポートセンターで個人情報を管理させていただき、 フィットネスや個人オーナー様よりヴィオラトリコロールにお仕事の紹介依頼が入れば、随時、登録者にお仕事を紹介させていただくほか、 クラスの代行や担当、イベントなどへの派遣もお願いしています。

Q3:登録講師の実績は?

当スクールの登録講師として一般クラスを担当するほか、大手フィットネスクラブ、ヨガやピラティス等の専門スタジオ、地域の文化センター、卒業生がオープンさせたスタジオ、一般企業・アパレル・美容室など福利厚生でのクラス開講、各種学校行事、鍼灸院、整骨院、高層マンション内サロンルームなど様々な活躍をされています。

Q4:オーディションの内容、応募はどうやって?

オーディション(15分のクラス担当+面接)となります。クラス内容は指定しておりませんので、どのような方対象のクラスなのか、ヨガ/ピラティスのスタイルやクラスタイトルも合わせて説明していただきます。
応募はWEBの求人情報または、インストラクターオーディションページのフォームよりエントリーしてください。

Q5:スタジオでアシスタントとして経験を積むことは出来ますか?

コース卒業後に希望者にはアシスタントとして当スクールの各コースに参加していただき、指導者の目線を肌で感じながら経験をつみ、講師を目指せるシステムもございます。卒業生対象に随時オーディションを開催しておりますので、合格者にはアシスタントを担当してもらいます。