スクワットからの花輪のポーズ | マタニティヨガポーズ(アーサナ)集

スクワットからの花輪のポーズ | マタニティヨガポーズ(アーサナ)集

wreath_from_squat_1

1.ブロックをひとつ用意をして、その前に立ちます。

脚幅は腰幅、もしくはそれ以上に大きく開きます。

脚を付け根から外側に回し膝、つま先を外に向けます。

しっかり足で床を押し、骨盤を立てます。

尾骨を下に向けて下腹を背中に引き寄せます。

頭頂を高くし背骨を長く、肩先を後ろに引き寄せ胸を広げお腹を長くしましょう。


お腹に手を当てて赤ちゃんの様子を感じてみます。


wreath_from_squat_2

2.手を腰骨に置き、一息吸って吐きながら、
出来るだけ姿勢をそのまま保ち、骨盤を安定させ下に下ろします。
(お尻が後ろに引いて腰が反らないように気をつけます。)

脚がしっかり強く使えているのを感じながら下ろしましょう。


wreath_from_squat_3

3.そのままバランスを取りながらブロックの上に腰を下ろします。

脚幅がきつければ外に広げて、しっかり股関節周りを開きましょう。

両腕を脚の中に入れ、両手を合わせ、肘で膝を外に押しさらに広げます。

骨盤を立て頭頂を高く胸を広げお腹長くして姿勢を整えます。

そのまま数呼吸保ちます。

吐きながら全てをゆるめポーズを解きます。


効果

スクワットをして花輪のポーズに入ることにより、足腰を強化させます。
しっかり姿勢とバランスを保ちながら行うのがポイントです。

花輪のポーズは股関節の柔軟性と内臓を強化させる働きがあります。

骨盤周辺のうっ血を緩和し、内臓の働きを促します。

出産に向けて準備として後期は特に役立ちます。

過度に股関節周りを開きすぎたりしないようにブロックをお尻の下に敷いて調整しながら行うことをお勧めします。

不安定を感じる場合は壁の前で行いましょう。