骨盤呼吸法 | 産後ヨガポーズ(アーサナ)集

骨盤呼吸法 | 産後ヨガポーズ(アーサナ)集

pelvisbreathingway_1

1.仰向けになります。


脚を腰幅にして膝を立てます。

足も平行にし、上半身も真っ直ぐにします。

お尻の割れ目の辺り(仙骨)をマットにつけます。

両手の親指をおへそ、両手首を腰骨(上前腸骨棘)、他の指を恥骨に合わせて、その3点の高さを床と平行にします。

骨盤をニュートラルな状態にします。


pelvisbreathingway_2

2.そのまま軽く息を吐いてから、ゆっくり息を吸います。

自然にお腹が膨らみ、骨盤が微かに動くのを、両手で感じ取るようにします。

(息を吸うと骨盤がやや前傾します。)


pelvisbreathingway_3

3.次にゆっくり息を吐いていきます。

お腹の縮みと共に骨盤も自然に戻っていくのを、両手で感じとっていきます。

それをしばらく繰り返します。


わかりにくい場合は、吸いながら骨盤を前傾、
吐きながら骨盤を反対方向、つまり後傾に手で少し誘導してみてください。

その後、自然の動きを感じとってみましょう。


効果

骨盤に手を当ててゆっくり呼吸をすることによって、骨盤の動きを意識することが出来ます。


さらに意識的に骨盤の開閉、上下の動きを感じ取れば、背骨を中心に頭蓋まで骨格全体が整っていきます。


自律神経の働きを整え、背骨や骨盤の柔軟性を高めます。



身体に負担なく行えますので、産後すぐ産褥期から行えます。


ダメージを受けた骨盤周辺への回復を早めからだの感覚を戻すのに役立ちます。