壁を使った内股スクワットのポーズ | 産後ヨガポーズ(アーサナ)集

壁を使った内股スクワットのポーズ | 産後ヨガポーズ(アーサナ)集

wallsquat_1

1.壁の近くに真っ直ぐに立ちます。


wallsquat_2

2.身体を壁につけます。脚はやや腰幅より広くします。
骨盤、背中、後頭部を壁につけます。
足は少し前に出し、つま先同士を内側で合わせるようにして、膝を曲げ、身体全体を下げます。
両手を腰骨にあて、骨盤を調整します。
恥骨を上へ尾骨を下へ向けます。


wallsquat_3

3.吸いながら、背筋を伸ばし、吐きながら、足裏で床を踏み、下腹を背中側へ引き込む。
バランスがとれていたら、胸の前で合掌します。
数呼吸保ちます。
手を壁につけゆっくりポーズを外していきます。


効果

背筋を伸ばし姿勢を正した状態で、内股(内転筋)を使い、ダメージを受けた骨盤底筋群を意識し、鍛えていきます。
呼吸とともに行うことで体幹作りにもなります。
壁を使うことで無理なく、姿勢の崩れもなく行えます。
産後2カ月、少しずつ外出も出来るようになってきたら行っていきましょう。