ヨガインストラクターティーチングトレーニングコース

ヨガインストラクターティーチングトレーニングコース

全米ヨガアライアンス認定500時間
平日コース 週末コース 振替OK 特典あり

グループレッスンのプロを目指す、指導法講座
なんとなく、アーサナを並べてプログラムを組み立てていませんか?
ヨガティーチングトレーニングコースは、 指導者として、プログラムの組み立てや、理に適った指導法を学び、 卒業したらすぐにヨガを教えられるほどまで指導力を高めること目的とした講座です。 大きく2つの部門に分けて、 インストラクターとして必要な【解剖学】【プログラミング】【アーユルヴェーダ】【倫理】などを、 すぐにインストラクターとしてレッスンで教えられるレベルまで学びます。
養成コースのメインインストラクターを担当し、多くの卒業生をもつ、 現役の人気インストラクターの、武井 典子先生&姉崎 志穂先生が担当いたします。
fleximg

こんな方におすすめ

TTCを卒業したばかり

これからインストラクターとして活躍する方へ、 更に"プロ"としての知識を!

インストラクターとして自信を持ちたい!

口頭での説明やティーチングへの苦手意識も、 ご卒業後は自信に変わります。

なんだかプログラムがマンネリ

プログラムの組み方を勉強し練習することで、 生徒さんや目的に合わせて柔軟なプログラムを組み立てられるように!

学べる内容(カリキュラム)

解剖学・プログラミング部門

プログラム作りには、まずそれぞれのポーズで主に使われる筋肉を理解する必要があります。 例えば後屈のクラスをしようとした場合、後屈で伸ばすべき筋肉、強化すべき筋肉はどこなのか?を知らなければなりません。 そしてその筋肉を使うポーズはどれかを選択し、強度が低いものからチャレンジのものへとポーズを並べていきます。
これがプログラム作りです。プログラムは繰り返し作る練習をする事で上達するものです。 その為、このコースでは、ご自身で何回もプログラミングを行って頂くので、 プログラムの作り方が苦手な方も慣れていけると思います。 また単にプログラムを作るだけではなく、ペアーワークで実際に教える練習も行います。 指導練習を通じてどのように教えるとわかりやすいか気づくことになるでしょう。

ヨーガの哲学・指導倫理と指導技術 部門

TTCでやったグループセッションと違い、生徒さん達のレベルがバラバラ… 求める物も様々… プロップ、そしてヨガマットさえも揃っていない…等 想定外な事が沢山起こるのが、実際のクラスです。 アーサナ、解剖学、プログラミング等の知識を身につける事はとても大切なことですが、 実際のクラスで相対するのは様々な生徒さん達です。
まず、クラスは人対人のコミュニケーションなので、 ここで必要になってくるのが、伝える為の心の持ち方と技術です。 それに加え、様々なスタジオの環境への対応力も必要ですので、 臨機応変に対応できる応用力を養う事が大切です。 このコースでは、哲学、瞑想、チャンティング、アーユルヴェーダの教えを通じ、 指導者としての倫理観、そして自分自身の人生についてもじっくりと学び深めます。 加えて指導技術として、クラス内容や規模に応じた声のトーンや大きさの使い分け、 使う面に応じた立ち位置、照明や音の使い方等を学び、 総合的な対応力をしっかりと身につけて頂きます。

料金・特典・目指せる資格など

ティーチング日曜日②
料金186,000円(200,880円/税込)
※テキスト代込み
お申込特典全店共通8回チケット付き 17,600円(税込19,000円/税込)相当
目指せる資格ヴィオラトリコロール認定 ヨガティーチング資格授与
全米ヨガアライアンス認定500時間ヨガインストラクター資格(RYT500)に充当。
その他振替受講OK
自習室無料
クレジットカードOK

日程

2018年開講予定
次回の開催日程が決定次第、お知らせいたします。
大阪・本町メイン講師:武井 典子先生
メイン講師:姉崎 志穂先生

学べる内容(カリキュラム )

100
「プログラムを組み立てる」とは、どういうことでしょうか?
プログラム作りには、まずそれぞれのポーズで主に使われる筋肉を理解する必要があります。 例えば後屈のクラスをしようとした場合、後屈で伸ばすべき筋肉、強化すべき筋肉はどこなのか?を知らなければなりません。 そしてその筋肉を使うポーズはどれかを選択し、強度が低いものからチャレンジのものへとポーズを並べていきます。
例えば、ヒップオープナーのプログラムを作るには股関節の6つの動き(屈曲、伸展、外転、内転、外旋、内旋)を入れるべきで、 それぞれにあたるポーズはどれなのかを解剖学から学び、その後組み立て方を学ぶという風に進んでいきます。 これがプログラム作りです。プログラムは繰り返し作る練習をする事で上達するものです。 その為、このコースでは、ご自身で何回もプログラミングを行って頂くので、プログラムの作り方が苦手な方も慣れていけると思います。
また単にプログラムを作るだけではなく、ペアーワークで実際に教える練習も行います。 指導練習を通じてどのように教えるとわかりやすいか気づくことになるでしょう。
解剖学・プログラミング部門の内容【解剖学】
・身体の動きと、関係する筋(脊柱と肩甲帯構成、股関節と膝関節構成)
・各関節の動きによるアーサナの分類

【プログラミング】
・テーマに沿ったプログラムの作り方(解剖学での学びを生かし、理にかなったプログラムの組み立てを学ぶ。)
・テーマに沿ったプログラムと一般クラスの違いとは?
ヨーガの哲学・指導倫理と指導技術 部門の内容【哲学】
・ウパニシャッドとは?
・マントラについて
・チャンティング実践とサンスクリット語の読み方と書き方

【倫理】
・スタジオ環境に応じたプログラムの作り方
・クラス内容に応じた時間配分
・参加者の体質、気質に応じたリードの仕方

【技術】
・テーマに沿ったプログラムの作り方(解剖学での学びを生かし、理にかなったプログラムの組み立てを学ぶ。)
・テーマに沿ったプログラムと一般クラスの違いとは?

【アーユルヴェーダ】
・体質論(3つのドーシャとは?)。アグニ・アーマとは?
・アーユルヴェーダ的健康と病気。健康を崩す原因は何か?
・アーユルヴェーダを日常生活に取り入れる方法
・ヨガとアーユルヴェーダの融合

【指導実践】
・1hのプログラムを作り、実際に教え合う。
※受講生及び講師からのフィードバックがございます
インストラクターnorikoshiho

fleximg2

【随時開催】インストラクターコースのレッスンを無料体験!

「無料でコースのレッスンを体験できる、体験レッスン付きの説明会を開催しています。 ヨガティーチングインストラクターにご興味のある方は、お気軽にご参加ください。
※大阪でのみ説明会を開催しています。

STEP1:希望日時を選択選択ください(大阪市・本町開催)

STEP2:お客様の情報を入力してください