キャット&カウポーズ | マタニティヨガポーズ(アーサナ)集

キャット&カウポーズ | マタニティヨガポーズ(アーサナ)集

catcowpos_1

1.よつんばいの姿勢になります。

脚は腰幅にします。(膝の下にブランケットをひくと楽です。)

手は肩の下に置き手のひらをしっかり開きましょう。


お腹の重みで腰が反り背中がたゆみやすいので、骨盤を床と平行にして下腹部を少し背中に引き上げます。

(赤ちゃんを背骨に持ち上げるようにイメージします。)

頭頂からお尻まで一直線にします。



catcowpos_2

2.息吐いて、吸いながら
床についている手のひらと脚でマットを押して、骨盤からゆっくりと動かします。


背骨の一番下にある尾骨を天井に向けて、骨盤の上にある背骨をひとつひとつ意識しながら、猫のようにしなやかに反っていきます。


あごを軽く引き首を長くさせ、頭頂高く引き上げます。


肩先後ろへ胸を開きお腹を広げ、背中は小さくさせます。


そのまま数呼吸保ちます。



吐きながらよつんばいの姿勢に戻ります。


catcowpos_3

3.一息吸って、吐きながら
手のひらと脚でマットを押して、骨盤からゆっくりと動かします。

今度は尾骨を下に向け下腹部を引き込むようにして、背骨をひとつひとつ意識しながら、牛のように背中を盛り上げていきます。

首長く肩下げてアゴをひき頭を腕の中に入れるようにします。

赤ちゃんを背骨に引きつけるようにイメージします。

そのまま数呼吸保ちます。


吸いながらよつんばいの姿勢に戻ります。


効果

背骨の柔軟性を高めます。

妊娠期は骨盤への負担が増して姿勢が悪くなります。

猫背から背中が張り、腰も痛みがおきやすいので、背骨を意識しながら上体を動かすことによって張りや痛みを緩和させます。

また骨盤周辺もしっかり動かし軽く腹筋も鍛えられます。

無理なく体全体を動かせるマタニティヨガでは代表的なポーズです。

産前のみでなく産後も行なっていくことをお勧めします。