ローランジのポーズ | マタニティヨガポーズ(アーサナ)集

ローランジのポーズ | マタニティヨガポーズ(アーサナ)集

lowlunge1

1.四つ這いの姿勢になります。
頭頂から背骨の1番下尾骨までまっすぐになるように意識しましょう。


lowlunge2

2.四つ這いから、少し腰を上げ右脚を前に出し、ゆっくりとバランスとりながら、片膝立ちになります。

前の右脚と後ろの左膝の距離は、やや長めに保ち、身体をまっすぐ正面に向け、上半身を長くして、片手は太もも、片手はお腹を支えて安定させます。


lowlunge3

3.両手を太ももに置き、吐きながら骨盤を前に移動させていきます。前の右ひざがかかとより前に出過ぎないように気をつけます。

しばらくそのまま保ちます。反り腰に気をつけるように、尾骨を下に下げましょう。

吸いながらゆっくりと元に戻ります。
ゆっくりと手をついて四つ這いに戻ります。

左側も同様に行います。


ローランジのポーズの説明、効果

「ランジ」とは片足を前に踏み出して膝を曲げて、後ろ足は伸ばしたまま、上半身を真っ直ぐにする姿勢のことです。

全身バランス良く整え体幹を鍛えます。特にお尻や太もも等、下半身を刺激します。
また姿勢に関わるインナーマッスルを刺激するため歪みを解消し正しい姿勢をつくることができます。
無理せず伸ばし過ぎず、膝や足首に過度な負担をかけないようにゆっくり行いましょう。
そのためにゆっくりとした呼吸ができているのがポイントです。