【チャイルドポーズ】(バラアーサナ) |出来ない原因と対策を紹介

【チャイルドポーズ】(バラアーサナ) |出来ない原因と対策を紹介

バラーサナはチャイルドポーズとも言われ、アサナとアサナの間にカウンターポーズとしてカラダとココロをリセットするのに用いられるアサナです。
力強い後屈や逆転系のポーズの後にも良く使われますね。
全身をリセット、リラックスさせ、呼吸を深め、腰周りの緊張を緩和してくれる効果があります。
ただ、カラダに硬いところや強すぎるところがあるとリラックスを感じれないのでタイプ別に解消法をまとめてみました。

パターン1:腿前が硬い、また膝に怪我をした事がある方

腿前が硬い、また膝に怪我をした事がある方は、膝を十分に曲げれなかったりします。

パターン1の対策

このタイプの方は、足と足の間にヨガブロックや高く畳んだブランケットを敷き、その上にお尻を乗せて行ってみましょう。
※それでも膝に痛みがあればこのポーズはしないでおきましょう。


パターン2: 腰や背中、ハムストリングス(腿裏)が硬い方

股関節の前側が痛くなる、または硬いと、膝が引っ張られて持ち上がりリラックスして床に下ろす事が出来なくなってしまう方もいます。

パターン2の対策

このタイプの方は、少し膝を開いてその間にブロックで高さを作ったボルスターを置きその上に身体を倒しましょう。
ボルスターが無ければ沢山ブランケットを重ねて代用できます。


パターン3: 足首やすねの前の筋肉が硬い方

足首やすねの前の筋肉が硬い方は、足の甲が伸ばせない事があります。

パターン3の対策

このタイプの方は、脛下に何枚かブランケットを重ねて敷き、足首からつま先がブランケットの外に出るようにすると良いです。


ヨガベーシックインストラクター資格コース体験会へ

ヨガをどれだけ修得できるかは個人差がありますが、スクール・講師の質によって 大きく変わります。 当校には、個性あふれ暖かくて教え上手な現役インストラクターが担当してい ますのでご安心ください。 『基本』からしっかり指導していくと共に、ただ教えるのではなく「伝える」という事も重要視しており『実践的な指導技術』を修得できます。

スタジオの一般クラスを体験し直接感じていただいたり、 インストラクターを目指す方には、 ヨガインストラクターコース無料説明会や個別の説明会も随時実施していますので、 お気軽に担当者や講師に相談してみてください。

無料体験レッスンのご予約
ヨガの無料体験レッスンが付いた説明会
ヨガインストラクター資格のコース授業体験のご予約
ピラティスの無料体験レッスンが付いた説明会
ピラティスインストラクター資格のコース授業体験のご予約