ピラティスのウエア

ピラティスのウエア

ピラティスウェア選びのポイント

ピラティスを自宅でされている方もいらっしゃると思いますが、スタジオや教室などで行う場合、気になるのが服装ですよね。
初心者だと言っても、やっぱり、変な恰好はしたくない…。
では、ピラティスのウェアっていったいどういうものなのでしょうか?
ヨガのウェアとは違うのでしょうか?
ヨガとピラティスのウェアは、ほとんど差がないので、特に気にすることなく、選んで問題ないですが、ピラティスのウェア選びのポイントをインストラクターの方へアンケートしてみましたので参考までのご紹介!!

ウェア選びの基準を教えていただきました。

wear1

ピラティスインストラクターのウエア選択のポイント

・体のラインが分かるようなもの
・ヒラヒラ&ダボダボしていないもの
・きつ過ぎず緩すぎずの着心地の良いもの
それは、自分の動きを分かりやすいように見せる、見てもらうという理由もあることが分かりました。

ピラティスのウェアは基本的に伸縮性があって、動きやすいものを選びます。
汗などもしっかり吸い取る素材がよいですね。
なので、Tシャツなどで、本来は問題ないのですが、難易度が高くなると動きやすさがより重要になってくほか、今は、おしゃれはピラティスウェアがたくさんありますので選ぶのも楽しみの1つです。
wear2

ピラティスのマットについて

できればピラティス用マットを1枚購入することをオススメします。

ヨガマットとピラティスマットの最も大きく違う点は厚みです。
もちろん好みの問題があるので一概にどちらがということではありませんが、一般的にピラティスで使用されるマットの方が厚みがあります。
ヨガに比べるとピラティスはマットの上を転がったり、横向きになるなど動きの多いエクササイズです。
そのため背骨や骨盤などの骨が床に当たる動きが多く、マットが薄いとどうしても痛みを伴ってしまうことになります。
通常は5mm以上のものをピラティスマットとしていることが多いようですが、8mm以上のものがおすすめです。

(おすすめ)
スタジオでも取り扱いのある「ヨガワークス製12mm厚のマシュマロタッチ ピラティスマット!」
通常価格:4,800 円(税抜)

wear3